ここから本文です

台風17号・18号の影響を受け、日本各地で連日大雨が続き、多数のイベントやライブの中止が発表されている。

サムネイル

写真:アフロ


台風18号は9月9日未明に温帯低気圧に変わったが、引き続き大雨に警戒が必要と報じられている。17号は9月10日現在、日本の東海上を北西へ進行中。直撃はないとの予報だが、各地での大雨は断続的に続いており、今なお厳重な注意が呼びかけられている。

このふたつの台風の影響を受け、SKE48は公式サイトを通じ、10日に愛・地球博記念公園 大芝生広場野外ステージで開催予定だった『第32回全国都市緑化あいちフェア前夜祭コンサート』の中止を発表。アニソン歌手ユニット・JAM Projectも9日に代々木公園野外ステージで開催を予定していたフリーライブを中止とした。また、元アイドルグループ・BiSのテンテンコも9日に開催予定だったイベントを、会場のひどい雨漏りのためやむなく中止にしたとTwitterで報告した。また、12日・13日に神湊海水浴場(釣川河口左岸)特設野外ステージで開催予定だった、HKT48や家入レオ、でんぱ組.incが出演する『World Heritage Munakata2015』も中止が決定した。

さらにパフォーマンス集団・電撃ネットワークのギュウゾウは、自身の運営する栃木県のギュウゾウ農場が台風18号の影響で水没したと、10日に自身主催のアイドルイベント「ギュウ農フェス」のTwitterで明かしている。

今後も関東は10日いっぱい、東北は11日にかけて大雨との予報が出ており、イベントや行事へ参加予定の人は引き続きの警戒とともに情報収集が必要となりそうだ。

(文/田鍋@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ