ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が9月10日深夜に放送されたラジオ番組「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、内定取り消し騒動で話題となった日本テレビの笹崎里菜アナウンサーをべた褒めした。

サムネイル

岡村隆史/Takashi Okamura(ナインティナイン/NINETY-NINE), May 17, 2015 : 特別番組「ENGEIグランドスラム」の収録=2015年5月17日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


ラジオ収録前に、笹崎がレギュラーを務める日本テレビ系「シューイチ」の取材を受けてきたという岡村。自身は内定取り消し騒動について「どこまで踏み込んで話していいのか」と迷っていたが、同席していたお笑いタレント・東野幸治はいきなり「大変でしたね」と笹崎に話題を振ったのだという。岡村は「その返しをみたら、全然イケそうだなと思って『どうですか? 日本テレビ』って聞いたら、『いろいろありましたけれど、頑張ってます』って」と話したことを明かす。そして笹崎と初対面した感想を「裁判を起こしたっていうから、なかなかの人なのかなって思ってたんですけど、全然だった。すごく感じが良かった」と語った。

また取材の際、笹崎は東野のコーヒーカップが空になると「なにか飲まれますか?」とすぐ気づいた。岡村が笹崎に「よく気づきますよね」と言うと、笹崎はホステス時代の癖が出てしまったとあわてたのか、一瞬「ハッ」となり「いやいや......」と恐縮したのだそう。岡村は「ちゃんとグラスを見ているっていうね。そこはアナウンサーさんだったら気づかないんですよ。やっぱりそういうバイトもやってたから、そこはちゃんと気づくんだなあと思って」「けど、全然感じは良かったです。そういう嫌な感じとかは一切なかった。しっかりしてたし、イジッてもちゃんと返してくる感じだから、やりやすかった」と笹崎に太鼓判を押した。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ