ここから本文です

女優の川島なお美が9月14日に自身のブログで、「ご主人にあてた遺書があるとか?」などといった無礼な質問をぶつけてきた記者に改めて怒りを示し、今後は"激太り"報道を目指すと宣言した。

サムネイル

川島なお美/Naomi Kawashima, May 15, 2015 : ミュージカル「広い宇宙の中で」の会見=2015年5月15日撮影 初日記者会見
写真:まんたんウェブ/アフロ


昨年1月に肝内胆管がんの手術を受けた川島は、今月7日に出演したイベントでその激やせぶりが話題となり体調を心配されていた。そのためか、川島は9月11日にブログで、病院の定期健診から帰宅する際に女性誌の記者から突然「お墓を買ったんですか?」「ご主人にあてた遺書があるとか?」といったぶしつけな質問を受けたことを明かした。川島は「病院にまで突撃取材は ちょっと... 静かに健康維持させてほしいです それにしても 病院出たら お墓や遺書の話? もう笑うしかないわ」と呆れていた。

川島は9月14日に再度ブログを更新。突撃取材を受けた際の状況を振り返り、「記者さんに『事務所を通してください』と無下な態度とっても 後悔していたでしょう それより 誠意をもって 対応したら 誤解もとけ ご理解いただけるかなと  精一杯でした 車に乗り込んだあと さすがに 怒りや憤りで 震えてきましたが その人に 怒りをぶつけたところで 気持ちは晴れない 笑顔で対応 悔しくてもね」と複雑な心境だったことを告白した。しかし、ファンの応援のおかげで元気を取り戻したそうで、「さあ 次に目指す報道は『川島なお美激太り!!』(笑)」と明るくつづった。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ