ここから本文です

HKT48・指原莉乃、元アイドリング!!!の菊地亜美、カントリー・ガールズの嗣永桃子。バラエティ番組を主戦場とする現役/元アイドルといえば、この3人の名前がトップに挙げられるだろう。いまやアイドルが女優や歌手ではなくバラエティタレントに憧れることはまったく珍しくない。そんなバラドル戦国時代で伏兵ともいえる存在がいる。アイドルグループ・バクステ外神田一丁目の"もえあず"こともえのあずきだ。

サムネイル

提供:アフロ


もえのはファンの間でセレブキャラとして有名で、ブログでは「貸し切りクルーズの船上で新年会」、「友人の自家用ヘリで富士山へ」、「リムジン内で友人とパーティーを楽しんだ」といったゴージャスな日常を当たり前のようにつづっている。しかしもえののタレントとしての真の武器はズバリ"大食い"。それもそんじょそこらの「よく食べてかわいい女の子」レベルではない。寿司(すし)170貫、わんこそば400杯をぺろりとたいらげる脅威の胃袋の持ち主で、今年3月に放送されたテレビ東京系「元祖!大食い王決定戦」では見事優勝して第5代目女王に認定されている。

「元祖!大食い王決定戦」は特番だが、もえのは近年では放送されるたびに出演を果たしている。大食いを生かし、ほかにもこれまで同局系「腹ペコ!なでしこグルメ旅」や「ブラマリのいただきっ!」の準レギュラーを経験。現在はレギュラーではないものの、テレビ朝日系「ナニコレ珍百景」のデカ盛り企画にたびたび出演している。

実は大食いという特技はテレビではかなり重宝される。キャラが立っているという点ももちろんだが、旅番組やグルメ番組は多くの食べ物を紹介しようとすると、どうしても出演者は収録でかなりの量を食べることが必要になってくる。画面を華やかにするためにキレイどころを起用したいところだが、食が細くて撮影に差し障りが出るようなら困る......というスタッフ側のジレンマを"大食いアイドル"もえのは簡単にクリアできるのだ。

本人も食レポのフィールドにはかなり意欲を抱いているようで、野菜ソムリエ、フードアナリスト4級、日本さかな検定、うどん検定など食べ物に関する資格を積極的に取得している(1級小型船舶操縦士免許、伊賀忍者検定、カッパ捕獲許可証なども持っているので、もしかしたらただ資格マニアなだけかもしれないが......)。

テレビで見ない日はないように感じる指原、菊地、嗣永のバラドル3人衆も、実はレギュラー番組はそれほどゲットできているわけではない。指原がレギュラー出演中のフジテレビ系「僕らが考える夜」やTBS系「HKT48のおでかけ!」はあくまで48グループの出演番組であり、指原としてはグループが関係しない番組のレギュラーを増やしていきたいところだろう。菊地はテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」では準レギュラーで、冠番組である「菊地亜美の女子力向上委員会」はTOKYO MXで月1回の放送。嗣永はテレビ東京系「おはスタ」で木曜レギュラーを担当といった状況で、地上波のゴールデン番組でレギュラーを獲得するというのが現在のこの3人の目標かもしれない。

しかしそんな3人の闘いの裏で、もえのもグルメ系バラエティでの足場を着々と固めていっている。9月2日は「ナニコレ珍百景」放送中に「もえあず 可愛い」のワードがYahoo!の「話題なう」に進み、注目度も上がってきている様子。ひょっとしたら近い将来もえのがグルメ系バラエティのレギュラーをかっさらっていき、ダークホース的にバラドル出演本数トップの座につく......という可能性もありえるのかもしれない!?

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ