ここから本文です

タレント・辻希美が、乳がん闘病中の元女子プロレスラーでタレント・北斗晶にエールを送った。

サムネイル

辻希美/Nozomi Tsuji, Jul 16, 2015 : 「ノートンオンライン調査 子どもの安全なインターネット利用」記者説明会に登場した辻希美さん=2015年7月16日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


辻は育児へのバッシングに悩んでいた際、北斗にブログを通じて「何を言われても人の言葉に振り回されるなよ 若夫婦が楽しく日々、親子3人で笑って過ごせる事を......埼玉からおばちゃんは願ってるよ」と励まされて号泣した過去がある。恩人である北斗の手術のニュースを受けて、辻は9月24日に「私の第二の母」というタイトルでブログを更新。「私にとって北斗さんはいつも第二のお母さんのように接してくれました。悩んでいる時はいつも相談にのってくれて、間違っている時は指摘してくれて...本当にいつも私は北斗さんに助けてもらい支えてもらってきました。今の私がここにいるのも本当に北斗さんのおかげでもあります」と感謝を述べた。

辻は「そんな北斗さんのご病気のことを知り、居ても立っても居られません。私はいつだって助けてもらってきたのに、今北斗さんが辛く大変な時に私は無力で...本当に悔しいです」と嘆く。そして、「また『なにやってんだよ!』って言ってくれる北斗さんの力強い言葉を1日でも早く聞けるよう、力の限り応援します!不屈の精神力で必ず戻ってきて下さい。待っています」と北斗にエールを送った。

北斗は9月23日、乳がんを患っていることをブログで公表。翌24日に右乳房の全摘手術を受けた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ