ここから本文です

炎上芸人として知られるお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がTwitterを終了した。

サムネイル

西野亮廣/Akihiro Nishino(キングコング/KingKong), Aug 01, 2012 : 「七人のコント侍」取材会に登場した西野亮廣さん=2012年8月1日撮影
写真:毎日新聞デジタル


西野は10月5日にFacebookで、「Twitterを辞めてみました」と報告。理由として「嫌な思いをしたとか、そういうのじゃなくて、単純に『飽きちゃった』」ということと、イラストをアップするためのインスタグラム、考えを整理するためのFacebookと比べて、自身のTwitterアカウントは「どこにも針が振れていないなぁ」と感じたことを挙げている。また「あくまで、自分自身に対してね。他の人の呟きは楽しく拝見させていただいております」とフォローしつつ「呟いている自分が急激にダサく感じてしまいました。『呟くなよ、作れよ』と」と胸の内を明かした。Twitterアカウントは今後告知のみを更新していくという。そのためアカウント名も「キンコン西野information」と変更された。

これまで西野はTwitterがたびたび炎上しており、2013年2月には放送作家・鈴木おさむ氏の小説『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』に「ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」とかみつき、後に謝罪する騒ぎとなった。また昨年4月は、面白半分にTwitterのフォロワー数を増加させるサービスを利用したが、Twitterの利用規約に違反していたとしてその後やはり謝罪。今年7月には、専属マネジャーが「全ての情報とお金と作品を持ったまま、飛んじゃった」とツイートして騒動になった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ