ここから本文です

お笑いタレントの有吉弘行が内定取り消し騒動で話題となった日本テレビの新人アナウンサー・笹崎里菜を相手に久々のあだ名付け芸を披露し、ネット上でも「笹崎アナが有吉に救われた」と称賛の声が上がった。

サムネイル

有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Aug 18, 2015 : 映画「テッド2」(セス・マクファーレン監督)のイベント
写真:毎日新聞デジタル


有吉は10月4日放送の日本テレビ系特番「DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2015 秋」に出演した。番組内で笹崎アナが有吉に「あだ名を付けてください」とお願いすると、有吉は「"笹ちゃん"っていうわけにもいかないし......。"はれもの"ですね」と笑顔で発言。この発言にスタジオが爆笑に包まれ、笹崎アナ本人も大笑い。「ピッタリ」「よかったね」との声が挙がるなか、有吉は「"日テレの"を付けて」と付け加えた。

有吉の命名を受け、笹崎アナは「日本テレビのはれものアナウンサー、笹崎里菜です。よろしくお願いします」と自己紹介。スタジオからは再び笑いが起こり、「いいね」「親近感がわく」と大好評。MCでお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也も「日本中がスッキリした」とコメントした。笹崎アナは「アナウンス部に戻れない」と心配顔をみせるも、元日本テレビの先輩でフリーアナウンサーの福澤朗から「画期的だと思います」と太鼓判を押され、大いに盛り上がった。

視聴者からも

「笹崎アナが有吉に救われた。いつか感謝する日が来るよ」
「流石の有吉弘行!」
「イジられたらもう腫れ物じゃなくなるからねえ。優しいね」

など、ネット上で絶賛の声が相次いだ。

笹崎アナは学生時代のホステスのアルバイト経験を理由に一度は内定を取り消されたものの、法廷闘争の末に今年4月に日本テレビへ入社。今回有吉にネタにされたことで"禊(みそぎ)"がすんで、逆に自虐ネタで爆笑をさらった好印象アナとしてブレイクするかも?

(文/たなべ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ