ここから本文です

お笑いコンビ・アジアンの馬場園梓が、ブスイジリへの考え方に批判が寄せられている相方・隅田美保をかばった。

サムネイル

シュガーズ/Sugars, Nov 10, 2012 : 「シュガーズ」のラジオ公開生放送に登場したアジアンの(左から)馬場園梓さん、隅田美保さん=2012年11月10日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


隅田は自身へのブスイジリを嫌ってテレビ出演をセーブし、現在は劇場での活動をメインに行っている。馬場園は10月3日にTwitterで、「隅田さんが声を大にして言い放った気持ちのいい名言」として「芸人が見た目や顔をイジって笑いを取る事は別にええやん。ただ私はそっち側の人間と違うねん。それはそっち側担当の人がやればいい。私がそっち側に入れられてる事がずっと納得いかんねん」という隅田のライブでの発言を伝えた。

だが、このツイートによって隅田がネット上で「芸人はいじられてなんぼ」「プライド高い」などと批判される騒ぎとなってしまった。馬場園は10月6日、当該ツイートを削除した上で「隅田さんは果てしなく天然だからなんの心配もないという事を伝えたいのに」と発言を紹介した真意を説明。「何を言っても悪いようにしか伝わらないのでもう何も言わない」と宣言した。

また相方の隅田はブスイジリを嫌っているが、馬場園は"容認派"であるらしい。馬場園は「ただ芸人が弄られることはキャラの1つとして必要。私にブスと言ってください。こっちはそのつもりで吉本に入ってます。あとは漫才を見に来てください」と自身のスタンスを示した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ