ここから本文です

ユルい空気感と独特のテンポで人気のお笑い芸人・ライセンスのよりすぐりのトークライブを収録したライブDVD第5弾『LICENCEvol.TALK∞05』が発売中。特典映像には、沖縄旅行を満喫する藤原一裕と井本貴史の姿も収録されていて、プライベート感満載のライセンスも見ることができる1枚となっている。彼らのライフワークとも言えるトークライブへの思いと、ライセンスの現在、そして未来について聞いた。

サムネイル

お笑いコンビ「ライセンス」=藤原一裕(左)、井本貴史(右)


DVD『ライセンス LICENSE vol.TALK∞05』から「守護霊」>>


■その場の雰囲気とノリで変わるのがトークライブの面白さ

藤原: 「収録のトークはいつもディレクターチョイスなんですけど、毎回なかなか面白いの選んでくれてますね。トークライブではつらつら話してるだけなんで、映像で見て『こんなん話したっけ?』ってなる時もあるぐらい、あらためて見ると新鮮」

サムネイル
DVD「ライセンス LICENSE vol.TALK∞05」発売中


井本:「よく考えたら僕らは選べないですよね。ほんまその場のノリで話してるから全く覚えてないし。トークライブで打ち合わせはないし、ライブの雰囲気やお客さんで話も変わってくるんで。それが面白さでもありますからね」

藤原:「一応、今日なに話そうって、ほんまにうっすら考えてるけど、やっぱり雰囲気や場所なんかで予定どおりにはならない。でも無計画だからこそ、話してることが膨らんで面白くなることが多いね」

■琉球ユタに来年スゴいことが起きるって言われた

井本:「特典映像で沖縄旅行が収録されてるんですけど、ほんま今までで一番楽しかったですよ。僕らは招待される側で、沖縄の後輩芸人にフワ~っと案内されて楽しんできたんですけど、そのフワ~っと感がほんま良かったですね。案内してくれた後輩も沖縄の子やし、なんでも沖縄時間で動くからゆったりまったり(笑)」

藤原:「確かにパキパキって予定が入ってなかったんが良かったな。今回のDVDの抽選プレゼントにした琉球ガラスを作ったり、ゆっくり遊ばせてもらったからね」

サムネイル
DVD「ライセンス LICENSE vol.TALK∞05」発売中


井本:「ユタっていう琉球占い師の方に占ってもらったんですけど、来年スゴいことが起こる、大きなことが起こるって言われた。でも今んとこ、そんな予定は全くないなぁ(笑)」

藤原:「ないない、予兆など一切ない。来年スゴいことになるんなら、今の時点で少しはそんなニオイがしてるはずやと思うけど、サッパリございません(笑)。でも、僕らがスゴいことになるんじゃなくて、周りがスゴいことになって僕らもなんか良いことになる的な感じって言ってたし、何かあったらいいな」

■全盛期のやすきよ師匠と一緒ぐらいの芸歴と年齢「師匠、やっぱりスゴいわ」

井本:「来年20周年ですねって、この前も聞かれたんですけど、僕はそんな『よっしゃ、20周年やー!』って思わないというか、思えないんですよね」

サムネイル
DVD「ライセンス LICENSE vol.TALK∞05」発売中


藤原:「そう。20年分の仕事したような気がしていないんですよ、まだ。時間だけが20年たってしまったという感じ。芸人って、芸歴20年の人なんてゴロゴロいますからね。」

井本:「今は芸歴20年越えの人でも若手の位置で頑張ってる芸人いっぱいいるけど、昔は10年越えるとそこそこの芸人だったら、弟子を持ってよかったらしいですしね。昔とは芸人の定義が変わってきてるかも。今の師匠と呼ばれる方の中には、20代後半の若い頃から弟子を持ってる方もいはった。今は芸人も多いし、弟子制度もほぼないからあり得ないけど。僕らの今って、あの全盛期のやすきよ師匠(横山やすし・西川きよし)と一緒ぐらいの芸歴と年齢なんすよ! ビックリでしょ」

藤原:「そうやな、やすきよ師匠の師匠感、ハンパないな。そんなん聞いたらなおさら 『やった~! 20周年だ』じゃなくて『やべぇ、20年たってしまった。どうしよ~......』って感じになるな」

井本:「こんな調子なのに、あの琉球ユタさんの占い通りに僕たちが来年スゴいことになったら、ほんまあのユタの人、スゴいっすよ(笑)」

■トークライブのテレビ進出を目標にしてる

サムネイル
DVD「ライセンス LICENSE vol.TALK∞05」発売中


井本:「新しいものを始めたりするよりも、トークライブを続けていきたい。継続は力なりってワケじゃないけど、上京してからずっとやらせてもらってるので続けていけたらうれしいですね。テレビ局の人が食いついてくれると、なおうれしいんやけどね(笑)」

藤原:「トークライブ、しんどいけど楽しいもんな。前よりお客さん層が幅広くなってきたし、男性のファンも多くなってきてるからほんまうれしい。この前、かなり年配のご夫婦が来て笑ってくれてるのが見えて、それもうれしかったですね」

井本:「DVDは僕たちが思ってるよりも面白いらしい(笑)。周りの方が言ってくれるんで、多分面白いと思います。できましたら、1~4巻もございますので合わせて見ていただけるともっと面白いと思います(笑)」

藤原:「僕らのことをテレビで見てなんとなく知ってる人はいると思うけど、実は何をやってるか知らない人が多いと思うんです。そんな人にぜひ見て欲しい。僕らがどんなコンビなのか知るには、このトークライブが一番わかりやすいと思うから」

井本:「いつか、このトークライブが番組になればいいな、夜中にクスクス笑ってもらえるような。それ目標に続けていこうと思ってます」

藤原:「すごいアーティスト、例えばレディー・ガガとかが『ライセンス面白い』って言ってくれたらいいのになぁ(笑)。もしもそんなことがあったら、ネットニュースどころの騒ぎじゃなくなるけど。あっ! それこそ琉球ユタの占い師さんの予言ってこれかな(笑)」

井本:「そんなわけあるか!(笑)地道に頑張りますんで、応援よろしくお願いします」


来年20周年を迎えるにあたり、予定を尋ねると「全く何も考えていない」と気持ちいいほどキッパリ答えたライセンス。このガツガツしていないつかみどころのなさ、これこそ彼らの特徴であり魅力だと言える。「僕らを知るにはトークライブが一番」とのことなので、ライセンスファンはもちろん、"初心者"もDVDをチェックして彼らの正体を探ってみてほしい。

◆ ライセンス
藤原一裕(写真左)と井本貴史(写真右)のお笑いコンビ。藤原は1977年9月20日生まれ、井本は1978年1月27日生まれ。ともに奈良県出身。
劇場でのお笑いライブ出演のほか、日本テレビ系「ヒルナンデス!」の金曜レギュラー、毎日放送系「ごぶごぶ」レギュラー、読売テレビ系「ワケあり!レッドゾーン」ではMCを務めるなど、バラエティ番組でも幅広く活躍中。東京・渋谷のヨシモト∞ホールで定期的に行うトークライブ『LICENSE vol. TALK』は次回10月8日開催。また、藤原は10月27日にヨシモト∞ホールにて開催される1人しゃべり&即興コントショー『THE EMPTY STAGE in SHIBUYA vol.2』に出演予定。

(取材・文/たなべ@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ