ここから本文です

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、コント日本一を決める「キングオブコント2013」で優勝を果たしたお笑いコンビ・かもめんたるの槙尾ユースケが今年開催された「キングオブコント2015」に再び出場した理由について「飯が食えなくなってきたから」と語っていたことを明かした。

サムネイル

村本大輔/Daisuke Muramoto(ウーマンラッシュアワー/WOMAN RUSH HOUR), Dec 26, 2013 : 映画「ゼロ・グラビティ」(アルフォンソ・キュアロン監督)のイベントに登場したお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん=2013年12月26日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


元王者のかもめんたるは今年の「キングオブコント2015」にも出場したが、8月に行われた準決勝戦で惜しくも敗退してしまった。村本は10月12日深夜放送のラジオ番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、槙尾が「メシが食えなくなってきたから(またキングオブコントに)出た」とぶっちゃけていたことを明かした。

村本はボクシングなどスポーツにおいては、チャンピオンという肩書があれば「ある程度ご飯が食べられる」と指摘する。その上でかもめんたるについて「『もう一度、俺たちのネタを見せたくて出た』っていう理由であってほしかったのに『ご飯が食べられなくなって出た』っていうのは、ちょっと......」と語った。

村本は「かもめんたるを否定してるわけじゃない」と前置きして、「チャンピオンでもご飯を食べられないというお笑いの実情を変えていってほしい。ギャラだけでもめちゃめちゃ破格にしてあげるとかってしてあげてほしい。ネタだけでも飯を食える状況にしてもらわないと」と主張。せっかくチャンピオンになってもそれほど報われない現状に問題提起した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ