ここから本文です

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が10月13日に放送されたラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、この頃漫才が失敗続きだとして、引退発言まで飛び出した。

サムネイル

爆笑問題, 太田光/Hikaru Ota, January 29, 2007 : Japanese comedian Hikari Ota, member of the comedy duo Bakusho Mondai, speaks during an interview in Tokyo January 29, 2007. Ota is a rare breed in Japan, where political satire is uncommon among mainstream entertainers. REUTERS/Michael Caronna (JAPAN) [2100]
写真:Reuters/AFLO


太田は今年9月に放送されたフジテレビ系「ENGEIグランドスラム」で漫才を披露した際、重要なセリフで噛(か)んでしまった。その後のラジオ番組で太田は、「本当に嫌だ。自分を本当にもう殺したい」と悔やんでいた。

また太田は10月13日の「爆笑問題カーボーイ」でも、所属事務所タイタンが主催するライブで「どハズシ」してしまったことを明かす。ライブは「全然ウケなかった」とのことで、「ENGEIグランドスラム」と合わせて「2回失敗してるので後がない」と嘆いた。さらに「『もうそろそろ引退かな』ってちょっと本気で思いました。もう俺は、だめなんじゃないかなって」と"引退"という言葉まで出して弱音をもらした。

相方の田中裕二も「俺も以前と比べて相当噛(か)みだしているじゃない?」と笑い混じりに返す。太田は「波があるんですよ。トントンといい感じで行くと次は落ちるとか、噛(か)むとか。そういう波がある。練習は前よりしてるんですけど、ちょっと精神的な問題ですね」と一時的に不調の波が来ていることを明かした。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ