ここから本文です

AKB48グループの総監督を務める高橋みなみが、12月24日に書籍『リーダー論』を発売することがわかった。

サムネイル

高橋みなみ/Minami Takahashi(AKB48), Sep 29, 2015 : 次世代型クラウド通訳サービス「J-TALK(ジェイトーク)」記者発表会
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


高橋は10月15日にTwitterで、同書について告知。「自分なりに10年間AKB48で学んだリーダー論やチーム論についてお話しした本」だそうで、アップされた書影の帯には「AKB48グループ総監督 高橋みなみが語る超実践的リーダー論 まとめる力」と書かれている。昨年8月に出版されたHKT48・指原莉乃による『逆転力 ~ピンチを待て~』と同じ"講談社AKB48新書"の第2弾として出版される予定で、著者がアイドルといっても内容はしっかりとした自己啓発書らしい。高橋は「学生さんから社会人の方まで、集団生活を送るすべての方に読んでいただけたらうれしいです!」とアピールしている。

すでに大手通販サイトには書籍情報が記載されているが、同書はどうやら高橋のAKB48人生を振り返るような内容にもなっているようだ。「メンバーをつなぎ、チームをひとつにするコミュニケーション術、心を打つスピーチの秘訣、努力することの意味や嫌われる勇気を持つことの大切さなど、リーダーとしての心得を豊富な実体験をもとに語ります」と紹介されている。今年12月にグループを卒業する高橋にとって、同書は幅広い世代に「へこたれずに生きるヒント」を与えるものであると同時に、メンバーやファンへ向けた「総監督としてのラストメッセージ」だという。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ