ここから本文です

歌手で女優の鈴木亜美が、所属事務所とのトラブルにより活動休止していた数年間を振り返った。

サムネイル

鈴木亜美/Ami Suzuki, Oct 18, 2012 : スリーエフ「スーパーコラボスイーツ2012」完成披露会に登場した鈴木亜美さん=2012年10月18日撮影
写真:毎日新聞デジタル


鈴木は2000年末に所属事務所と自身の契約をめぐってトラブルが起こり、活動休止する事態となった。10月18日放送のTBS系「旅ずきんちゃん」で、鈴木は「3年近くあった。事務所ともめて、干されて......」と当時を思い返す。"干された"という実感は当時あったそうで、「めっちゃ叩たたかれていたので。新聞でもテレビでもネットでも」とバッシングの的になってしまったことを語った。

ただお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子から「それが逆にあってよかったみたいなことはない?」とたずねられると、鈴木は「もちろんありますね。それでよくわかった。業界のこともよくわかるし、人って怖いなとも思うし。一気に裏返しになるというか、いつ何が起こるかわからないんだなって思い知らされた」とニッコリ。「自分もその覚悟で常にやらなきゃなと思うと逆に強くもなれたし、変に信じちゃだめだなというか。不信感というか」と騒動からケガの功名的に学んだ部分もあることを明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ