ここから本文です

映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」が大ヒットを記録し、昨年末にはNHK紅白歌合戦にも出演したMay J.。そんな国民的歌手の彼女がこのたび、全曲ディズニー・ソングのアルバム「May J. sings Disney」を11月4日にリリースする。クリス・ハートとのデュエット曲「美女と野獣」をはじめ、ディズニーの世界観を大切にした彼女らしい楽曲の数々。デビューしたときから「いつかディズニー・ソングのアルバムを作りたかった」という彼女にとっては、まさに夢が叶(かな)った作品と言えよう。今回は、そんな彼女にアルバムについて、そしてディズニーへの愛について、たっぷりと語ってもらった。

サムネイル

11月4日リリース「May J. sings Disney」全曲ディズニー・ソングのカヴァー・アルバム


■ディズニー・カヴァー・アルバム実現までの道筋

――全曲ディズニー・ソングのアルバム「May J. sings Disney」が完成した今の心境をお聞かせください。

「小さい頃からディズニー映画が大好きで、映画から流れてくる曲も本当に素晴らしく、私はそれを聴いて、覚えて歌って、音楽の素晴らしさを知ることができたんです。だから、自分にとっては本当に親のような存在というか、ディズニーとともに育ってきたので、『いつかディズニー・ソングを歌ったアルバムを作りたいな』というのがデビュー当時からの夢だったんです」

――そうだったんですね。

「でも、ディズニーのアルバムを作るというのはすごく難しいとお聞きしていて、正直諦めていました......。ただ、その後『アナと雪の女王』のお話をいただいたり、ニンテンドー3DSソフト『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2』のテーマソング『Sparkle -輝きを信じて-』を作らせてもらったりしたので、あらためてご相談してみました。そうしたところ、『じゃあ、一緒にオフィシャルで作りましょう』って言ってもらえたんです」

サムネイル
11月4日リリース「May J. sings Disney」全曲ディズニー・ソングのカヴァー・アルバム


――昔からの夢が、ひとつ叶(かな)ったわけですね。手応えはどうですか?

「もう、これ以上のモノはできない! っていう感じ(笑)。レコーディングもすごく楽しかったです。小さい頃から歌ってきた曲がほとんどなので、もう自分の身にしみついているんですよね。だからレコーディングもハイペースで進んでいけて、1日3曲とか録っていました」

■アナ雪で「プレッシャー感じた」

――09年末にリリースしたコンピレーション・アルバム『Mellow Disney ~R&B Revisited~』に、「パート・オブ・ユア・ワールド」(『リトルマーメイド』)のR&Bカヴァーで参加したのが、ディズニーとのコラボのきっかけだそうですが、『アナ雪』で主題歌に大抜擢(ばってき)されたときはどう思いました?

「最初は信じられなかったです。私が一番尊敬しているクリスティーナ・アギレラが、映画『ムーラン』の主題歌『リフレクション』を歌っているんですけど、それを小学校4年生のときに映画館で聴いて、私はディズニー・ソングを歌えるような人になりたいと明確に思ったんです」

――今回のアルバムでは、その「リフレクション」もカヴァーしています。プレッシャーはありましたか?

「今回はなかったですね。『アナ雪』のときに、プレッシャーを感じましたから。」

――やっぱり。

「日々が自分との戦いでした。それに、いろんな声もよぎってきましたからね。いい言葉もあれば、そうじゃない言葉もあったりして......。でも、歌っているときだけは全て忘れるよう、『今、わたしはこの曲を、しっかり歌い上げるんだ』って思いながら毎回歌わせてもらっていました」


■憧れの三浦大知とのコラボも実現

サムネイル
11月4日リリース「May J. sings Disney」全曲ディズニー・ソングのカヴァー・アルバム


――では、ディズニー作品の中で、特にお気に入りというと......?

「4歳のときに見た『アラジン』です。主題歌『ホール・ニュー・ワールド』はデュエット・ソングですが、一人二役でいつも歌っていました(笑)。あの映画は中東が舞台になっているので、自分のルーツという意味でもうれしかったし、アラジンの自由奔放なキャラクターにも惹(ひ)かれました」

――クリス・ハートとのデュエットはいかがでしたか?

「クリスとは、2年くらい前にツアーを回った時、全公演でゲスト・ボーカルとして参加していただいたことがあって。そのときにも『ホール・ニュー・ワールド』を一緒に歌っていたから、ふたりの定番曲っていう感じだったんです。ディズニー・ソングを歌う時は、クリスがパートナーっていう感じです。なにより、歌の技術がとても高く、こちらがどんな歌い方をしても、それに完璧に合わせてくれるんですよ。歌を切るタイミングだったり、ビブラートの波だったり。もちろんピッチもパーフェクト。素晴らしいシンガーです」

――三浦大知さんとのデュエットもあるとか。

「三浦大知さんは、自分がデビューする前からライブを見に行かせていただいて、『この人の歌、すごいな......!』とずっと思っていたので、今回初めて共演が叶(かな)ってとてもうれしいです。三浦さんの声も、ディズニー・ソングにピッタリなんですよね。レコーディングもとっても楽しかったです」

■「美女と野獣」と「愛を感じて」の動画の見どころは?

サムネイル
11月4日リリース「May J. sings Disney」全曲ディズニー・ソングのカヴァー・アルバム


――今作は、英語ヴァージョンと日本語ヴァージョンが収録されていますが、やはり歌い方も変わってきますか?

「原曲はもちろん英語で、それを日本語にすると、ちょっと譜割が変わったりもするんですけど、それが新鮮だったりして。どちらも楽しく歌いました。それに、言葉が変わると人格も変わるので(笑)、その違いも楽しんでいただけたらと思います」

――今回、GYAO!では「美女と野獣」と「愛を感じて」(『ライオンキング』)を動画配信するのですが、それぞれの見どころをお聞かせください。

「『美女と野獣』は、お城をイメージしたセットがすごくゴージャスで。本当に映画のワンシーンに入り込んだような気持ちになりました。『愛を感じて』は、スタジオにお花畑を作っていただいて、その中で歌いました。衣装も白のワンピースに花飾りといったシンプルなもので、映画の持つ壮大でオーガニックな世界観を表現しました。両方とも同じ日に撮ったんですよ!」

サムネイル
11月4日リリース「May J. sings Disney」全曲ディズニー・ソングのカヴァー・アルバム


――ディズニーと仕事をするようになって、活動にどんな影響や変化がありましたか?

「やっぱり家族で応援してくださる方がとても増えました。ライブ会場には、小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで来てくださるようになりました。デビュー当時から、『家族で楽しんでもらえるようなエンターテインメントをしたい』ってずっと思っていたんです。だから私の夢を、ディズニーとお客さんが叶(かな)えてくださったんだなって思います」


May J.「美女と野獣 with クリス・ハート」-「美女と野獣」より>>


May J.「愛を感じて」-「ライオンキング」より>>


May J. 「美女と野獣 with クリス・ハート」(レコーディング・オフショット映像)>>



◆May J.
日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。2006年7月12日、ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。2014年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌を担当し、その歌声でお茶の間人気を不動のものにしている。テレビ・ラジオのレギュラーMCや多数のCM出演でも活躍中。2014年の第65回NHK紅白歌合戦に初出場。
座右の銘は、「日進月歩」

(取材・文/黒田隆憲@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。


Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ