ここから本文です

大ヒット漫画『俺物語!!』が実写映画化(10月31日公開)。2013年に講談社漫画賞(少女部門)を受賞し今年4月にはアニメ化までされた話題作の実写ヒロインの座を射止めたのは"新星"永野芽郁だった。

永野演じるヒロイン・大和凛子は、巨漢のコワモテ高校生・剛田猛男(鈴木亮平)にいちずに恋するちょっと天然ボケな乙女キャラ。大人気漫画の実写ヒロインというかつてない大役......。大舞台を前に若干16歳の女優の背中には大きなプレッシャーがのしかかったことだろう。撮影を終えた今、永野は「自分ができる限りの表現を出しきった」とキッパリと語った――。

サムネイル

10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


『俺物語!!』ピュアな女子高生ヒロイン・大和凛子>>


■ビジュアル公開時、悔しい感想もあった

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


「大和は小さくてふわふわした可愛らしい雰囲気の女の子ですが、私自身は身長が低いわけでもないし、大和のような可愛らしさもないから......。見た目の部分では大和役として受け入れられにくいだろうなという不安はもちろんありました。なので映画のビジュアルが公開されたときは、悔しいなと感じることもあって......。でもスクリーンの中でちゃんと中身も含めて大和凛子として生きられていたら問題ないのかなと思ったんです。映画を見た方には『凛子だったよね』と感じてもらえるように全力を出そうという気持ちで演じていました。皆さんに支えられ今自分ができる限りの表現を出しきったつもりです。

演技で気を付けたのは、嫌みなくかわいいと思える雰囲気作りです。男の子だけじゃなくて女の子からも、心から好かれる女の子を目指しました。あと原作もアニメも、大和って手の動きが独特なんです! 緊張したときは膝をすりすりしたり、笑うときは口元に手を持ってきたり。大和を演じるために普段から大和っぽい手の動きを意識して生活しました。

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


原作とかアニメだと、絵や記号で大和のかわいらしさを表現できると思います。大和ってよく周りに汗とか飛んでいるイメージですよね。でも実写でその表現はできないですから。漫画やアニメならではの方法で表現されている部分の大和のかわいさや気持ちを実写でどう演じるかっていうのは、大変でもあったけど楽しかったです」

■永野芽郁も、断然"猛男派"!

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


「私自身よく天然って言われることもあるんですが、どうなのかな? 誰になんと言われても自分はこれ! っていう頑固なところは大和と似てるかもしれません。しゃべり方も大和っぽいって言ってもらえました。

お化け屋敷で猛男に助けられるシーンでは今まで積み上げてきた感情が爆発して撮影中なのに号泣しそうになっちゃったんです。『猛男が本当にいる、今すっごく頑張ってる』と思ったら凛子としても永野芽郁としても涙をこらえるのが大変で。あれは不思議な体験だったなぁ。

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


映画でときめいたシーンはいっぱいありますけど、猛男が助けてくれるシーンはきゅんとするし、猛男が『大和ー!』って走ってきてくれるシーン。あそこは演じながら『私にもこんな風に走ってきてくれる人が現れたらいいな』って思っちゃいました(笑)。砂川じゃないの? うそでしょ? って言われちゃいそうだけど、私は本当に猛男派なんです! あんな風に見返りを求めず、誰かのために全力で頑張れるなんて素敵じゃないですか! だから現実に猛男がいたら、きっとすごく好きになっちゃうし、一緒にいたいと思うだろうな」

■『俺物語!!』で「ようやくスタートラインに立てたかな」

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


「猛男役の鈴木亮平さんには演技についていろいろ相談にのってもらいました。声や表情だけで感情を表現する方法や、シーンごとに『このとき大和はこう思っていると思うんです、猛男くんはどんな気持ちなんですか?』と確認したり。最初から最後まで勉強になる答えを返していただけました。
亮平さんは猛男を演じるために30kgも体重を増やしたんですが、体形をキープするために撮影現場ではずっと食事をしていて。それに猛男はガッシリ体形だから、疲れているはずなのに撮影後はジムでトレーニングもされていて。亮平さんのお芝居への思いから現場でのコミュニケーションの取り方まで、間近で見させていただいたのは本当に勉強になりました。

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


亮平さんをはじめ『俺物語!!』に関わった方々とまた一緒にお仕事をするのが今の目標です。そのときはまた違う自分を見せられるように一生懸命成長していきたいです。今後挑戦してみたい役は、常軌を逸したようなキャラクターです。私は役に入り込んじゃうタイプだから、撮影期間中はキャラクターにひっぱられて私生活でもご飯を手でつかんで食べる! みたいな感じになりそうで怖いですけど......(笑)。でもつらい思いをしてでも、自分を追い込んででも、「演じたい」って思える役に挑戦してみたいです。

色んな事を経験できた『俺物語!!』の現場は勉強になることばかりでした。撮影中は毎日があっという間。撮影が終わった今は自分の殻から抜け出せたじゃないですけど、ようやくスタートラインに立てたかなっていう気持ちです。きっと何年、何十年たっても思い出せる、私にとって一生忘れられない作品になりました」

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


おっとりとした口調ながら、その言葉からは若き女優の信念がひしひしと伝わってきた。意外な意志の強さは確かに大和に通じるものがある。いち原作ファンでしかない筆者だが、永野が起用されたことは大正解だったのだろうと感じさせられた。実写映画『俺物語!!』は10月31日より全国公開。きっと永野は「悔しい感想」を投げかけた人々も納得させることができるだろう。

サムネイル
10月31日公開『俺物語!!』ヒロイン・大和凛子を演じる永野芽郁


◆永野芽郁(ながの・めい)
1999年9月24日生まれ、東京都出身。身長163cm。ローティーン向けファッション誌『nicola(ニコラ)』の専属モデルを務め、近年は女優としての活動にも力を入れている。近年は映画『るろうに剣心』『繕い裁つ人』、ドラマ『東京にオリンピックを呼んだ男』『テディ・ゴー』などに出演している。
座右の銘は、ポジティブになれる言葉「七転び八起き」。


(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

アニメ「俺物語」話数限定 第1話 俺のものがたり>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ