ここから本文です

歌手の華原朋美が、10代の頃にお笑いコンビ・ココリコの遠藤章造から口説かれたことを暴露した。

サムネイル

華原朋美/Tomomi Kahara, Sep 28, 2015 : デビュー20周年について語った華原朋美さん=2015年9月28日撮影
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


華原は11月8日放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」にゲスト出演。「芸能人に口説かれた」エピソードのひとつとして、「遠藤さんにも昔口説かれたことがある」と爆弾発言を投下した。

遠藤にはまったく覚えがないようで「ウソやろ!?」とキョトン。華原に「忘れたふりしないで、その顔!」と叱られても、やはり思い出せないらしく、「千秋の誕生日とか来てくれたやん。そんなんで俺するわけないやん」と潔白を主張した。

しかし華原は「私が10代のときに会ったの! それで『遊ぼうよ』みたいなこと言われて『やだ!』みたいな感じで」と断言。さらにその後"華原朋美"としてデビューしてから、遠藤の元妻であるタレント・千秋のバースデーパーティーに行った際、遠藤は千秋のいない場で「おまえもな、俺と付き合っとけばな」と言ってきたのだという。遠藤は動揺し、「なんか俺、すげードキドキしてるわ」と語った。

なお華原は他にも「サッカーの○○さんとか、××さんとか。結婚してるじゃないですか、あの人」とピー音付きで"口説かれエピソード"を披露。「変わった人にはモテモテ」とも話していた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ