ここから本文です

女優の生稲晃子が自身のブログで、乳がんのため右乳房全摘出手術を受けたことをあらためて発表した。

サムネイル

提供:アフロ


生稲は11月10日発売の週刊誌『女性自身』で、2011年に乳がんが見つかったことを公表。その後再発がわかって2013年に右乳房の全摘手術を受けたこと、今年10月27日に乳房再建手術を受けたことも明かした。

生稲は同日にブログで、あらためて自身の病気について告白。公表に踏み切った理由を「長年レギュラーを務めさせていただいた健康番組でのお仕事がこの秋終了したことと、先月、失った右胸の再建手術をしていただいたことで、自分の中でひとつ区切りがついた」と説明した。

医師から再発の診断を受けたときは「息ができないくらいショック」だったという生稲。「私には、まだ10歳にも満たない子供がいる、私の元に生まれてきてくれたこの子が成人するまでは負けてはいられない、頑張らなくてはとくじけそうになる自分に言い聞かせてきました」とこれまでの闘病生活を振り返った。

生稲は支えとなったファンやスタッフ、友人たちに感謝を述べる。そして家族に向けても「感謝の言葉しかありません。ありがとう。これからも幸せに生きていこうね」とメッセージをつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ