ここから本文です

Tシャツにジーンズ、スニーカーというラフなスタイルでおなじみの女性ボーカルデュオ・PUFFY。このイメージが生まれた裏には、大貫亜美のある深刻な事情があった!?

★GYAO! にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
PUFFY, Aug 03, 2015 : 映画「内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル」(工藤浩之監督)の完成披露舞台あいさつ
写真:毎日新聞デジタル


PUFFYは11月10日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」に"NO MUSIC NO LIFEな女"として出演。お笑いタレントのいとうあさこにタレント、ミッツ・マングローブらと思い出の曲や、自身が衝撃を受けた歌唱映像などについて大いに盛り上がった。

音楽談義のなかで話題が女性ボーカルダンスグループ・MAXに及ぶと、PUFFYの吉村由美はMAXの衣装に「いいなぁ、ああいうきらびやかな服......」と憧れを感じていたことを明かし、大貫亜美も「高い靴履いて、いいなぁ」と続けた。自然体なイメージのふたりの発言に、MCのタレント・SHELLYは「そんなこと思ってたんですか?」と驚きを示した。

そもそもPUFFYのスニーカースタイルは、どのように生まれたのか? 大貫は「私、魚の目があるのでヒール履けないんですよ」とぶっちゃける。小学4年生から両足に2個ずつ「根深いの」を抱えていた大貫が、スタッフに「魚の目があるので高い靴は履けない」と伝えたところ、衣装の足元がスニーカーになったそう。いまや海外でも認知されているPUFFYのスニーカー姿の少々情けない誕生秘話に、お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基は「まさか魚の目とはね」と苦笑した。

ちなみにあの歌いながら肩を前後左右に揺らすだけのゆるいダンス(?)も当初の予定にはなかったもの。大貫は「すてきなダンサーの方に教えてもらって、覚えきれなくて、ああいうことになった」と告白した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ