ここから本文です

SMAP・中居正広が、かつてのテレビ現場のスパルタぶりを振り返った。

サムネイル

パンチするビジネスマン
写真:アフロ


11月11日深夜放送の日本テレビ系「ナカイの窓」は、「昭和世代VS平成世代」として、それぞれの世代のゲストを招いてトークを繰り広げた。俳優の大鶴義丹が「僕らがデビューした頃は、ドラマの現場とかでも『おまえ、才能ねー!』とか怒鳴られた。今はドラマの現場で罵声が飛ぶことってない」と時代の変化について語ると、中居も「(昔は)怖いよね~。タレント殴られるからね!」と続けた。

中居は「目の前で普通に草なぎ(剛)くんとか木村(拓哉)くんが殴られてた」と明かす。本番前や収録中での態度が悪いと、マネジャーではなくディレクターやプロデューサーがタレントを「パーン! って殴る」のだそう。タレントの菊地亜美たち平成ゲストは、昔のテレビ現場の過酷さに驚きの様子だった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ