ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。11月14日の放送では、シンクロナイズドスイミング元日本代表の双子姉妹・木村真野、紗野が登場しました。

★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
木村紗野/Saya Kimura, 木村真野/Maya Kimura, MAY 4, 2009 - Synchronised Swimming : Japan Synchronised Swimming Championships Open, Duet Free Routine at Tatsumi International Swimming Pool, Tokyo, Japan. (Photo by AFLO SPORT) [1045]
写真:アフロスポーツ


■容姿がそっくりな2人だが替え玉が発覚した理由は?

木村真野、紗野は、2008年シンクロナイズドスイミング世界大会「FINAワールドトロフィー」で銅メダルを獲得したれっきとしたアスリート姉妹。
なんと彼女たちの反省は、「選考会で替え玉出場してしまったこと」。
選考会では、全員が白キャップに黒ゴーグル、さらには黒の水着と同じ衣装で競われます。
その際、姉・真野の出番のときに、間違って妹・紗野が演技してしまったというのです。
容姿が似すぎている2人ですが、シンクロに関しては妹・紗野のほうが技術が上。
そのため演技の点数がいつもと違って姉のほうが得点がよく、入れ違っていたことが発覚してしまったのだそうです。

■声も似ており姉が妹の彼氏を電話で"面接"

スタジオでもお笑いタレント・有吉弘行の質問に2人が同時に同じことを答える、いわゆる"双子芸"が炸裂(さくれつ)。
姉より妹のほうが上手というのはシンクロ界では有名らしく、替え玉事件のときも、姉のほうが得点が高くて会場がザワザワしたそうです。
そのときは故意ではなかったということで、失格にはならず得点を入れ替えて事なきを得たそうです。
容姿ばかりではなく、声も似ており、妹の彼氏の電話に姉が出て、1時間もバレなかったというエピソードも披露。
姉いわく、「妹は男を見る目がないので"面接"した」のだそうです。

●有吉、大久保佳代子らが鼻クリップをつけて「シンクロポーズ」

シンクロといえば、あの鼻クリップが特徴的です。
2人はその鼻クリップをスタジオに持ち込んで、有吉はじめ見届け人とそろって装着。
意外にも呼吸が苦しくなるほど強いもので、有吉らと"シンクロポーズ"も披露していました。

そんな2人への禊(みそぎ)は、「気持ち悪い双子おじさんとデート」。
ぜひ見てみたい禊(みそぎ)ですが、これは近日公開となっています。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ