ここから本文です

タレント・布川敏和とタレント・つちやかおりの元夫婦が別居後約3年ぶりに共演を果たした。

サムネイル

布川敏和/Toshikazu Fukawa and つちやかおり/Kaori Tsuchiya, Jul 19, 2012 : 東京・青海のパレットタウンで開かれたイベントに登場した布川敏和さん(左)とつちやかおりさん=2012年7月19日撮影
写真:毎日新聞デジタル


昨年6月に離婚を発表したふたりだが、11月17日のフジテレビ系「ペケポンプラス」で再会した。同番組には「保護者参観SP」として、つちやと娘の桃花、花音の母娘が出演した。しかし番組途中で布川もサプライズ登場。ふたりは「お久しぶりです」「こんばんは」とよそよそしく互いに一礼した。

布川は「離婚しても子供は子供だから......」として「保護者参観SP」である同番組への出演を決めたと弁解したが、つちやは「でもこれはテレビじゃん!」とバッサリ。「(共演は)そんなにいい気分ではない」と苦笑いでぶっちゃけた。

また布川は「別居から共演はない。(今回が)3年ぶり」と明かす。布川は「離婚して1年半以上たってるんですが、そもそも私の妻に対する思いやりが徐々に薄れてきてしまって、取り返しがつかないことになってしまったのが第一の原因」とあらためて離婚の理由を説明した。

その後も布川は「(家族の危機は)徐々に徐々にやってくる!」など離婚を自虐しまくりだったが、つちやは終始あいまいな笑みで目をそらしていた。それでも布川にとっては久々に家族が並んだことは感慨深かったようで、番組エンディングでは「不思議な感じ。(つちやと)隣に座るというのは、この番組がなかったら一生ありえなかったんじゃないか」と語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ