ここから本文です

タレントの岡本夏生が、2歳の子供にたばこを吸わせた父親と交際相手の少女が逮捕された事件を厳しく批判した。

サムネイル

岡本夏生/Natsuki Okamoto, Jul 01, 2012 : WOWOWのイベントに登場した岡本夏生さん=2012年7月1日撮影
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


報道によると、火がついたたばこを2歳の長男にくわえさせたとして、無職の24歳男性と交際相手の少女が、暴力行為法違反の疑いで愛知県警北署に逮捕された。「遊び半分でやった」とすでに容疑を認めているという。ふたりはこの様子を撮影した動画をSNSに投稿しており、ネット上でも騒ぎになっていた。

11月17日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」では、このニュースが取り上げられた。岡本は「社会人として働ける年齢で、こういうことをしたらどうなるかってことが想像できなきゃいけないのに。小学生でもわかるようなことをやって、『えっ、大変なことだったんだ!』なんてレベルの大人がこんなに増えてる」と呆(あき)れ顔。今回はたまたま動画が公開されたことで問題が発覚しただけであって、同様のことをしている若者は他にもいるんじゃないかと憶測し、「昭和の時代から比べると、随分日本も低次元になったし、随分バカ野郎が増えたし、この後日本はどうなっていくのと心配になる」と厳しい口調で語った。

また女優の遠野なぎこも同日にブログで、「もうさ、言葉が見つからないよ。『遊び半分でやった』?!何ふざけた事言いくさってんの?!...怒りで震えてくるよ」と父親と少女を非難した。

現在ネット上では、今回逮捕されたふたりとはまた別の人物による、子供にたばこを吸わせる動画が発見されて、再び騒ぎが巻き起こっている。岡本が非難する通り、確かに日本は「随分バカ野郎が増えた」のかもしれない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ