ここから本文です

ビッグダディことタレントの林下清志が、ハンバーガーチェーン・バーガーキングに乗り込むことを宣言。話題の「BIG割」が自身にも適用されるのかどうか検証するそうだ。

サムネイル

林下清志/Kiyoshi Hayashishita, Feb 17, 2014 : 記者会見を行った"ビッグダディ"こと林下清志さん=2014年2月17日撮影
写真:毎日新聞デジタル


BIG割は、名前にBIGとつく現物、もしくはBIGと記載されたレシートを提示すると、新商品BIG KING 4.0が割引価格で購入できるという期間限定のキャンペーン。とにかく"ビッグ(ビック)"にかかっていればOKということで、ネット上では「ビッグカツ使えましたwwwww」「ルー《ビック》キューブでも割引してもらえるよ」「Volvic で突破できたことをご報告します」と大喜利大会のような盛り上がりを見せている。

そんななか「ビッグダディなら顔パスなんじゃね」とうわさされていた林下が、ついにバーガーキングとの対決を決めた! 林下は11月19日、「予告『拝啓バーガーキング様』」というタイトルでブログを更新。実は前々から同キャンペーンを意識していたが、「さすがにちょっと二の足を踏んでいました」と明かした。

しかしキャンペーンのなんでもありぶりに、林下は「俄然興味を強くそそられた吾輩は『ビッグダディですが割引になりますか』と、乗り込んでみる決意をしたわけです」とついに対決することを宣言。「そうと決めたら明日にでも決行して、もちろんその結果も御報告致します」と予告し、「今回の 『ビッグ割』のような企画の場合に日本人特有の気恥ずかしさがあって乗り切れない方々も多いのでしょうが、折角遊び心を提示してくれているのですから乗っかっちゃいましょう乗っかっちゃいましょう!」と楽しげにつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ