ここから本文です

音楽プロデューサー・つんく♂が、自身が作曲を担当したクミコの楽曲「うまれてきてくれて ありがとう」が「第57回日本レコード大賞」で作曲賞を受賞したことに、喜びのコメントを発表した。

サムネイル

つんく♂/Tsunku, Jan 22, 2014 : モーニング娘。写真説明:新ユニット「モリ娘。」を結成することを発表したつんく♂ さん=2014年1月22日撮影
写真:毎日新聞デジタル


12月30日にTBS系で生放送される「第57回日本レコード大賞」の、大賞候補となる優秀作品賞をはじめとした各賞の受賞作が発表された。作曲賞に輝いたのは、つんく♂が作曲を手がけた「うまれてきてくれて ありがとう」。同楽曲は、NPO法人日本子守唄協会の創立15周年を記念した「次世代に歌い継ぐ子守唄プロジェクト」の一環として生まれたもので、今年9月2日に発売された。作詞は同協会の会長である湯川れい子氏、歌唱はクミコが担当している。

つんく♂は11月20日にTwitterで、受賞についてコメント。「色々あった今年、僕の作品に対して評価いただいたこと、何より嬉しく思います。『ああ、続けてきてよかった』と。皆様本当にありがとうございました!」と喜びを示した。

つんく♂は今年、喉頭がんのため声帯を全摘出したことを公表。今年9月には手記『だから、生きる。』を出版し、そのなかでハロー!プロジェクトの総合プロデューサーから退いていたことを告白した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ