ここから本文です

AKB48・峯岸みなみが自身の卒業時期について明かした。

サムネイル

峯岸みなみ/Minami Minegishi(AKB48), Jul 23, 2015 : 厚生労働省の肝炎対策普及啓発事業「知って、肝炎プロジェクト」のイベント=2015年7月23日撮影
写真:毎日新聞デジタル


11月23日深夜放送のTBS系「有吉AKB共和国」は「峯岸の時代到来かもSP」として、来春に初主演映画『女子高』が公開されるなど上り調子な峯岸をゲストにトークを繰り広げた。峯岸は「終わったと見せかけて、ついに(時代が)やってまいりました」とニヤリ。12月9日発売の新曲「唇にBe My Baby」では約1年10カ月ぶりの選抜復帰も果たし、「高橋みなみラストシングルで、巷(ちまた)では『たかみな卒業だからバーターじゃないか』とかささやかれてはいますが、実力かなと私的には思っています」と自信満々に語った。

またAKB48・永尾まりやが握手会で峯岸レーンは長蛇の列だと証言すると、峯岸は「『すごくかわいくなったね』って言われます。小嶋(陽菜)さんとかはルックスのピークは17、8歳。私は今なんですよ。劣化知らず」と自画自賛した。

「(来年の総選挙は)多分いけますね」と自信をのぞかせる峯岸に、MCのお笑いタレント・有吉弘行は「辞めないんですか?」とツッコむ。峯岸は苦笑しながらも「正直(卒業を)たくらんでて、4月のこの映画がガツンと当たれば、女優として......」と答え、卒業時期は『女子高』の結果にかかっていることを明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ