ここから本文です

芸能人同士の結婚ラッシュが続く昨今。そんな中、今年5月に結婚したのが、アラフォー女芸人・椿鬼奴だ。お相手は8歳年下の後輩芸人のグランジ・佐藤大だが、この男いわゆる相当な"問題児"のようで......。夫婦揃(そろ)ってギャンブルをこよなく愛する芸人カップル、その結婚生活の理想と現実を直撃した。

サムネイル

11月29日放送『ウチくる!?』(日曜午後12:00)には椿鬼奴がゲスト出演


■何度も発覚する夫の"使い込み癖"

 熱愛が発覚した当初から、たびたびバラエティ番組などで明かされたのは、佐藤のギャンブル癖と借金癖である。最近でも、とある番組にVTR出演した佐藤が「鬼奴が小さい頃からコツコツと集めていた500円記念硬貨を勝手に使い込んだ」と告白したばかりだが、当の鬼奴も夫の行動には思わず絶句するしかなかったという。
 「私、無断でそういうことをされると許せないんですよ。"ほうれんそう"がないことが一番ダメ。ひとこと言ってくれればいいのに。言えば、普通の500円をちゃんと貸しますから」

 さらには、「家に保管しておいたご祝儀を使おうと思ったら、保管場所の前に彼が立ちふさがるんですよ。何だろうと思って保管場所を見ると、ご祝儀がない。と、気づくと同時に『ごめん!』って......」なんてエピソードも。
 無断で使い込まれたその額は、約20万円。「おそらくはボートレースに使った」という佐藤に、世間の声としては「なんてお金にだらしがないダメ男なんだ!」と言いたいところだが、鬼奴は違った。「これも言ってくれればいいんですよ、貸しますから。それに私が怒っているのは、賭け方のセンスのなさ。なぜそういう賭け方をするんだ、と。『5倍にしようと思わないで、1.8倍くらいでいいじゃない?』というレースの時も、大きく出るんですよ」とボヤく。

■理解不能!? ギャンブラーならではの結婚哲学

 そう、鬼奴も生粋のギャンブラー。休日は、朝から晩まで店に入り浸るほどの無類のパチンコ好きとして知られている。

「私も同じ穴のムジナだけど、彼だけが『ダメ』と言われて私が批判されないのは、世の中の人に『鬼奴はお金があるからいいんだ』と思われているからじゃないでしょうか。やっていることは一緒なんですけどね。私も酒も飲むし、ギャンブルもするので」

 さらに、鬼奴の口からは夫に対する驚がくの擁護発言が飛び出す。
 「だから、彼にボートを辞めてほしいとは思っていないし、周囲も『ギャンブルを辞めろ』という発言は控えてほしいです。ギャンブルはギリギリでやる方が面白いし、ヒリヒリするので。もう、旦那というか、ギャンブルを守りたいですね」。
 確かに、趣味が合う者同士の結婚生活は楽しいことだろう。鬼奴も、「競馬のGIレースの時なんかも楽しいです。二人で競馬新聞を選ぶ時も、『どの新聞でもいいよ』と言ってくれますしね」と、目を輝かせる。

 とはいえ、鬼奴も新婚当時は、結婚生活にごく一般的な理想を反映させたい時期もあったとか。
 「1度でいいから『主婦をやってみたいなぁ』と思いました。仕事を半分くらいに減らして、"家庭に入る"というのはどういうことなのか、家で掃除をしたりとか、やってみたかったですね」
 しかし、そんな理想は、佐藤の「仕事は絶対に減らさないでくれよぉ~」という必死の懇願により、あえなくついえる。

 それでも鬼奴は、「まあでも、私、そもそも圧倒的に家事が苦手なんです。彼は料理をはじめとする家事をやってくれます。私は外で稼ぐのが得意だからお互いに得意分野をやればいいかなぁと。稼ぎが低いうえに、家の手伝いもしない旦那だったら、割に合わないと思いますがね」と笑顔で語る。

■この結婚自体もギャンブル。安い株を買ったようなもの

サムネイル
11月29日放送『ウチくる!?』(日曜午後12:00)には椿鬼奴がゲスト出演


 夫婦それぞれが互いを補い合う......。意外にも理想的な夫婦関係ではなかろうか? 

 そんな鬼奴に夫婦円満の秘訣を聞いてみると、「私、頭に来ることがあると、強く怒っちゃうんですよ。隅に追い込んで詰めますね、ずーっと。『どうしてそうなったのか分かるでしょ!?』という感じで。彼も最初は謝るんですけど、詰め過ぎると逆ギレして、収拾がつかなくなっちゃう。そうなるのを控えるために、意識的に楽しいことを覚えているようにしています。例えば電話でけんかをしたら、電話を切った後に『でも、楽しいこともあるからな』と思い直して、気持ちを落ち着けています」。

 今後の家庭像についても、こう語る。

「今と同じように、仲良く楽しければいいかなと。お互いにギャンブル好きでもありますが、この結婚自体もギャンブルだと思うんですよ。安い株を買ったようなもので、今後跳ねるかもしれない。本人も『大器晩成型だ』と言っていますしね。まあ、稼ぎがあるのに越したことはないですけど、彼自身がサボっていてお金がないわけではないんですよ。私もかつてはそうでしたから。お金がまったくなかったら『もぉーっ!』となるけど、困るほどないわけじゃないから、"まあいっか"という感じです」

 何とも生粋のギャンブラーらしい結婚観を明かす鬼奴だが、果たして佐藤という名の"台"は確変に突入し、大連チャンを見せてくれるのだろうか!?
11月29日放送のフジテレビ系バラエティ『ウチくる!?』(日曜午後12:00)には椿鬼奴がゲスト出演。絶品イタリアン揃(ぞろ)いの居酒屋『DORAEMON』に、友人の「森三中」黒沢かずこと、さらに夫である「グランジ」佐藤大も登場。佐藤のダメっぷりに憤る黒沢に、鬼奴の反応は......!? そして中山秀征と中川翔子も唖然の、理解不能な夫婦関係を語る。


椿鬼奴(つばき・おにやっこ)
1972年4月15日、東京都出身。裕福な家庭で育ち、名門高校&女子大を経るも、バブル崩壊後に父親が株で大損して一転、貧乏生活に。大学卒業後、OL時代に軽い気持ちで東京NSCに在籍し、勤務会社倒産をきっかけに本格的に芸人を志し、26歳でデビュー。異色の芸人ユニット「キュートン」でブレイクすると、桃井かおりのものまねやボン・ジョヴィの熱唱など、唯一無二のネタでバラエティ番組などで大活躍。今年5月3日に後輩芸人である「グランジ」佐藤大と結婚した。

(取材/文・撮影:有山千春)
(写真:トレンドニュース)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ