ここから本文です

NHKの有働由美子アナウンサーが、11月30日に多臓器不全のため93歳で亡くなった漫画家・水木しげるさんをしのんだ。

サムネイル

有働由美子/Yumiko Udou, Oct 10, 2014 : 「第65回NHK紅白歌合戦」の紅組司会者に決まった=2014年10月10日撮影
写真:毎日新聞デジタル


12月1日放送のNHK「あさイチ」では、水木さんの追悼特集を行った。有働アナは2010年5月、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放送当時に、水木さんと妻の武良布枝さんにインタビューしている。その際に水木さんが「とにかく甘いものが好き」だと話していたため有働アナが後日チョコレートを送ったところ、水木さんからお礼の手紙が届いたのだという。有働アナは番組で、その直筆はがきを披露。鬼太郎と目玉のおやじがバンザイするイラストに「美味しいチョコレートありがとうございました」と書き添えられたものだった。

有働アナは「妻の布枝さんには『ありがとう』ってなかなか言えない照れ屋の水木さんが、(他の)皆にはありがとうって言うんだなって」と笑顔で語る。また有働アナは、戦争体験を伝え続けた水木さんについて「インタビューのときも戦地の話になると止まらなくて。激戦地に行っても絶対自分の価値観を変えずに、敵地の方々と仲良くなって一緒にご飯を食べたり、あの時代で自分の価値観を貫けたのはすごいなって」と振り返った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ