ここから本文です

「M-1グランプリ2015」準決勝では番狂わせが起こった。有力視されたナイツ、東京ダイナマイト、さらば青春の光といった漫才コンビがのきなみ敗退し、決勝進出を決めたのは、ほとんどがまだお茶の間に名前の知られていないネクストブレイク的な芸人たち。そのなかでもメイプル超合金は、結成からわずか3年目というダークホースだ。

メイプル超合金は、体重128kgで体脂肪率45%という驚異の豊満ボディを誇る安藤なつと、金髪に真っ赤な服装がトレードマーク、バイセクシャルを公言しているカズレーザーによる男女コンビ。知名度はまだこれからというところだが、安藤は志村けんの番組に太っちょキャラとしてピンポイントで起用されていたり、他にも伊集院光、山里亮太のラジオでたびたび名前を挙げられたりして、知る人ぞ知る......的な存在なのだ。
12月6日におこなわれる、「M-1グランプリ2015」(ABC・テレビ朝日系) 決勝を前に、今から注目しておくべきお笑いコンビ筆頭(!?)である彼らに迫った。

サムネイル

12月6日おこなわれる、『M-1グランプリ2015』出場 「メイプル超合金」左から安藤なつ、カズレーザー


メイプル超合金 M-1グランプリ2015 準々決勝ネタ >>


メイプル超合金 M-1グランプリ2015 3回戦ネタ >>


■世間はうまい漫才を見飽きた?

カズレーザー: 「僕らとしてはこの3年で変えた意識はまったくないんですけど、ここ最近は運が向いてきている気がするんです。いつも通りネタをやっているつもりなのに、起きる笑いの量が増えてきた感じがする。時代が追いついたっていうか、時代が失速して、僕らに重なってきたイメージですかね。だってナイツさんとか100%優勝すると思ってたんですよ! 純粋な漫才の力でナイツさんに勝てるコンビはいないと思う。ひょっとして今世間がうまい漫才をある程度見てきて、ちょっと変なものを見てみようかっていう気分になってきたんじゃないでしょうか(笑)」

安藤: 「スタートラインにやっと立てるかって感じです。私は以前ぷち観音というコンビで活動していたんですけど、それが解散しちゃって、お笑いやめようかなってときにカズちゃんに"ぶつかり稽古"で来られて......。もともと彼は事務所の後輩なんですけど、共演したライブで、私が相撲でいろんな人をなぎ倒していくっていう流れだったのに、それを完全に無視してぶん投げてきたんです」

カズレーザー: 「マジで倒しにいったね」

安藤: 「それで変な風に終わってしまったのに、楽屋に戻ったら『組みませんか?』って。なんだおまえ、流れ無視して来たやつが!」

カズレーザー: 「まず記憶に残してもらおうと思ったんですけど、うまい方法が思いつかなかったんで、とりあえず投げてみようと」

安藤: 「こいつイカれてるなと思って。それでちょっとやってみようかと思って今に至ります」

■カズレーザーのタイプは京本政樹

カズレーザー: 「真っ赤な服は普段からです。目立つとモテるって聞いて高校のときから始めたんですけど、えらくモテないですね! 僕はバイで、男性のタイプは京本政樹さんや及川光博さんみたいな、空想上の生き物のようにキレイな人。京さまって人間じゃ考えられないくらい美しいじゃないですか。多分人間とダイヤモンドのハーフなんじゃないですかね?」

安藤: 「鉱物じゃん。じゃあGACKTさんは?」

カズレーザー: 「GACKTさんも好きなんですけど、最近よく脱ぐじゃないですか。僕、あれ嫌なんです......。脱ぐのは俺の前だけにしてほしい。だからそこがひっかかっちゃう」

安藤: 「ややこしいわー」

カズレーザー: 「女性でも天海祐希さんみたいな、『私、キレイでしょ?』っていう胸を張っているオーラが出ている人が好きですね」

安藤: 「私は好きになった人がタイプ」

カズレーザー: 「なんだ、昔のアイドルみたいなことを言って。だから僕らは男女コンビでも性の香りは一切なしです!」

■元相方・さらばの東口からも祝福

安藤: 「決勝進出をいろんな方がお祝いしてくださって本当にうれしいです」

カズレーザー: 「僕、さらば青春の光のエロい方と昔コンビ組んでたんですよ」

安藤: 「エロい方って言うなよ!」

カズレーザー: 「東口(宜隆)から久々にメールが来て、『いつか絶対チャンスをつかむ人だと思っていました』って、さらばは敗退しちゃったのに本当に祝福してくれたんです。なんだ、柄にもねえ。ここにきていい人キャラで取り返そうとしてんのかと思ったんですけど、うれしかったですね。僕たちとさらば、馬鹿よ貴方は、タイムマシーン3号は結構仲が良いんで、皆で決勝進めたら激アツだなって盛り上がってたんです。さらばは敗者復活戦で勝ち抜いてもおかしくない実力の持ち主だと思うんで、全員決勝でまたそろうことができたら一番いいな。決勝も自然体で挑むのみです」

安藤: 「あまりガツガツせず、優勝できなかったらできなかったで、また変わらずライブにたくさん出ていこうかというスタンスですね」

カズレーザー: 「M-1ってお笑いコンテストの中でもかなり大きな大会ですけど、そこに挑戦している実感も正直まだないんです。こんなこと言って決勝で馬鹿みたいに緊張してたら恥ずかしいですけど(笑)。でも今のところは、普段のライブと同じノリでいけたらなと。でも本当に優勝したいんです! 賞金1000万円、遊ぶ金がほしいんで。遊ぶ金ほしさの漫才をお見せしたいと思います」

安藤: 「ところで優勝したときの副賞聞きました? ファミチキ1000本と、どん兵衛10年分。......ヤバくない? ファミチキ大好きだし、10年生きていけんじゃん!」

カズレーザー: 「いいよ、なつさんに全部あげる。俺は金だけでいいからさ」

安藤: 「マジで!? ......おまえ、詐欺師になれるな!」


インタビュー中もテンポのいいかけあいを忘れないメイプル超合金。ふたりは「時代が失速したからウケている」と謙遜するが、ひょうひょうとふざけるカズレーザーに、容赦なくツッコむ安藤のやり取りは、ハマる人にはハマる珍味的な魅力がありそうだ。「M-1グランプリ2015」は12月6日、テレビ朝日系で18時30分より生放送される。番狂わせはもう一度起きるか。

※出場者
メイプル超合金 / 馬鹿よ貴方は / スーパーマラドーナ / 和牛 / ジャルジャル / 銀シャリ / ハライチ / タイムマシーン3号 / 敗者復活戦枠コンビ

◆メイプル超合金(めいぷるちょうごうきん)

2012年8月結成。ツッコミ担当の安藤なつは1981年1月31日生まれ、東京都出身。ボケ担当のカズレーザーは1984年7月4日生まれ、埼玉県出身。安藤は女優としても活動しており、昨年12月放送のNHK BSプレミアムドラマ「ナンシー関のいた17年」ではナンシー関役でドラマ初主演を果たした。
座右の銘は、カズレーザーが「現状維持」、安藤が「おかわり」。

(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

決勝に向けて(メイプル超合金) M-1グランプリ2015 >>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ