ここから本文です

NHK山形放送局「NHKニュースやまがた6時」で、気象予報士の岡田みはるさんが生放送中に突然泣き出すハプニングがあった。同局はその理由を「本人が想定していたものとお天気カメラの映像が違ったため混乱した」と説明している。

サムネイル

写真:アフロ


12月1日放送の同番組のお天気コーナーで、岡田さんが「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」と言った直後に映った映像は新庄市のものだった。スタッフに指摘されて岡田さんは「現在の新庄市の様子です」とすぐ言い直したが、県内の気温を読み上げていくうちに次第に涙声に。スタジオにカメラが切り替わった際、岡田さんは涙をぬぐうしぐさを見せ、その後も嗚咽混じりに予報を続けた。コーナーが終わると、男性キャスターが「失礼しました」と謝罪した。

NHK山形放送局によると、岡田さんが涙したのは「鶴岡市と言ってしまったのに新庄市の映像が流れてしまい、うまくコメントができず混乱してしまったため」だという。岡田さんは先月29日にブログで、「疲れ過ぎて、ごはんが食べられない...」とつづっていただけに、視聴者からは心配の声が寄せられている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ