ここから本文です

フジテレビ系「2015 FNS歌謡祭」のステージ上に紛れ込んでいたタレント・見栄晴が、"乱入"の真相を明かした。

サムネイル

木梨憲武/Noritake Kinashi, Jun 18, 2012 : 「木梨目線!~憲SUNのHAWAII2~NEW×BETA ハワイ」の会見に登場した木梨憲武さん=2012年6月18日撮影
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


12月2日に放送された同番組では歌手・藤井フミヤ、タレント・ヒロミ、とんねるず・木梨憲武が「友よ」を歌ったが、ステージの後方になぜか見栄晴がぽつんと棒立ちしていた。番組から見栄晴についての説明は一切なく、見栄晴は所在なさ気に時折鼻をかくなどしていた。

突然の見栄晴に視聴者は困惑。Twitter上では、

「わたしには、みえてるんだけど、みんなどお?後ろ誰かいるよね?」
「見栄晴なんでいたの笑」
「見栄晴が気になって、歌が頭に入ってこなかった...」
「見栄晴が居る意味を教えてくれw」

といったツイートが相次ぎ、「見栄晴」がTwitterのトレンドワード入りする事態となった。

見栄晴は同日深夜にブログで、自身がステージに紛れ込んでいた理由を説明。木梨に食事に誘われ待ち合わせ場所に行ったら、なぜか木梨のマネージャーが迎えに来て、そのまま「2015 FNS歌謡祭」に連れて来られたそうだ。見栄晴は「ちょうど嫁と娘も番組を見てたみたいで、突然出てきた俺に『パパー?何で??』とかなり娘は困惑してたみたいです!!」と明かす。「俺も訳分からないまま出ていましたが...でも一生立てないであろう、あんな華やかなステージに立たせてもらい、本当にフミヤさん、ノリさん、ヒロミさん...皆さんに感謝です」と感謝を述べた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ