ここから本文です

芸能活動に本格復帰するタレント・若槻千夏が、約4年ぶりとなるスタジオ収録に苦戦してしまったことを明かした。

サムネイル

若槻千夏/Chinatsu Wakatsuki, Oct 15, 2012 : 渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で行われたファッションショーにデザイナーとして、出産後初の公の場に登場した若槻千夏さん
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


若槻は2007年頃から芸能活動をセーブするようになり、近年は2009年に設立したブランド「WC(ダブルシー)」をはじめデザイナーとして活躍していた(「WC」からは2013年に手を引いた)。そんな若槻が12月5日に関西テレビ、6日にフジテレビで放送される「さんまのまんま」で、約4年ぶりのスタジオ収録に挑み、芸能活動の本格復帰を宣言した。同番組では、テレビを離れていた理由も赤裸々に告白するという。

ただ、やはり久々の収録はなかなか厳しいものだったらしい。若槻は12月2日にブログで、「ちょっとした言い訳ですが、長い事、裏方みたいな作業ばかりしていると《ちゃんと喋る》 と言うは感覚失うんですね。《反省する》 と言う感覚はすぐ戻りますね。世知辛い世の中ですね」(原文ママ)と感想をつづっている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ