ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。12月5日の放送では、フリーアナウンサーの坂木萌子が登場しました。

★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場した有吉弘行さん=2013年3月21日撮影
写真:毎日新聞デジタル


■取材先で物損、台風の取材なのにカンカン照り

「日テレNEWS24」などでキャスターを務める坂木萌子の反省は、「リポートするたびトラブルが起こること」。
オリンピックの取材では円盤投げの円盤が展示された台座を壊してしまったり、気球の取材では天候不順で気球が飛ばなかったりと、とにかくツイていないようです。
また台風の取材に向かったのにカンカン照りで、仕方なく「油断はできません」と繰り返し述べたというエピソードも披露しました。

■今年からは中継に行かせてもらえなくなった

MCのお笑い芸人・有吉弘行からは「デス要素が強い」と即座に見抜かれ、見届け人のお笑い芸人・バカリズムからは「デス・リポーター」との称号を送られます。
この"ツキのなさ"のために、「今年から中継にいかせてもらえなくなった」のだそうです。
このほかプライベートでも、友人宅のオーディオコンポを"運悪く"壊した話などを告白しますが、本人は「自然現象だ」と言い張っていました。

■結婚相手は「『ドラクエ』で好きな呪文が一緒だった」

そんな彼女の好きなものは、ゲーム「ドラゴンクエスト」。
とくに「ドラゴンクエスト V」が好きで、なんと通算500回もプレイしているそう。
最近結婚したそうですが、それも「好きな呪文が一緒だったから」。
清楚(せいそ)な風貌と違った、あまりにも軽いトークに、見届け人でお笑い芸人の友近からも「ようしゃべるな」と呆(あき)れられていました。

そんな坂木への禊(みそぎ)は、「怖い人のところへ行ってトラブルのないようにリポート」。
本人は「無理です。絶対トラブル起きる」と抵抗しますが、もちろん却下。
どんな"怖い人"のところへ行くのでしょうか。
この模様は近日公開の予定です。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ