ここから本文です

来年3月にグループを卒業するAKB48・高橋みなみが、"卒業するする詐欺"疑惑を否定。卒業時期が大幅に延びた理由を明かした。

サムネイル

高橋みなみ/Minami Takahashi(AKB48), Sep 29, 2015 : 次世代型クラウド通訳サービス「J-TALK(ジェイトーク)」記者発表会
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


高橋は昨年12月、AKB48の10周年記念日である2015年12月8日をめどにグループを卒業すると発表した。しかしその後なかなか卒業日程が発表されず、結局来年3月26日・27日に大規模な卒業コンサートを行い(会場は後日発表)、同月28日に東京・秋葉原のAKB48劇場で最終公演を行うことが決定した。

卒業発表から卒業まで16カ月近い期間が空くこととなり、ネット上では

「ずっと閉店セールしてる店かよw」
「やめるときはさっさとやめないとほんとみっともないぜ」
「なんか最後までグダグダだね!!!」

といった批判の声が噴出。"卒業するする詐欺"と一部で揶揄(やゆ)されていた。

しかし高橋は12月6日放送のラジオ番組「ノースリーブスの『週刊ノースリー部』」(ニッポン放送)で、「詐欺じゃないんですよ」と釈明した。昨年に卒業発表をした時点では、今年11月に大きなコンサートを行い、10周年である12月8日に卒業する予定だとなんとなく聞かされていたそう。しかしいわゆる"2016年問題"(首都圏の大型施設の閉鎖や改修時期が重なり、2016年以降にコンサート会場が不足するとされていること)などもあり、会場探しが難航してしまったらしい。

高橋は「正直1年前にこちとら言ってんだから、会場を取っとけよって話なんだよ。おいおい、いつだと私ずっと言ってたよ」とこぼした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ