ここから本文です

AKB48の島崎遥香が、タレント・徳光和夫への"質問シカト"疑惑を否定した。

サムネイル

島崎遥香/Haruka Shimazaki(AKB48), Nov 28, 2015 : ファッションフォトブック「ParU」の発売を記念した女性限定の握手会に登場した島崎遥香さん=2015年11月28日撮影
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


徳光は今年10月にバラエティ番組で、共演したくない芸能人として島崎の名前を挙げた。例年「AKB48選抜総選挙」で司会を担当している徳光だが、「(島崎は)質問をシカトする。屈辱的だった」とこぼしていた。

島崎は12月8日深夜放送のフジテレビ系「淳・ぱるるの○○バイト!」での「年内に謝りたい」というトークテーマの中で、「申し訳なかったなと思うのは徳光さん」と発言。「そんな風に思わせてしまって申し訳なかったな」とわびた。ただ「無視した覚えはない」と明言し、総選挙の会場では、単純に質問が聞き取れていなかったり、適切なコメントをするには感情が昂(たか)ぶりすぎていたのではないかと釈明した。

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳も「あと(徳光は)塩対応っていうのがわからない世代かもしれないよね」と島崎をフォローする。リアクションがないのがリアクションという"塩対応キャラ"が徳光には伝わらず、ただ無礼なだけに感じられてしまったのかもしれないと指摘した。また徳光は「俺には話さないのに淳くんには話す」とも語っていたが、田村は「俺のときだってリアクションが薄いときは薄い」と説明した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ