ここから本文です

AKB48・高橋みなみが、一部ファンのマナー違反に苦言を呈し、「死ぬかと思ったw」という実体験を明かした。

サムネイル

高橋みなみ/Minami Takahashi(AKB48), Mar 26, 2015 : 「AKB48 衣装ミュージアム~衣装が語る少女たちのキセキ~」の発表会に登場したAKB48の高橋みなみさん=2015年3月26日撮影
写真:毎日新聞デジタル


高橋は12月13日にトークライブアプリ「755」で、街中でファンに声をかけられた際は逃げ出すと告白。「あれ有難いんだけどさ知らない人に名前突然呼ばれたり叫ばれたり肩叩かれたり正直恐怖しかないだから逃げる逃走」と本音を明かした。

「じゃあ、声かけたいな 見つけたい 追いかけるよ」というファンのコメントにも「本当にやめてください 追いかけられた事あるけど本当辛い」と自粛するよう頼む高橋。あるときは肩をつかんで振り向かされて、「死ぬかと思ったw」とのこと。相手はカップルで、男性は振り向いた高橋を見て「ほら! やっぱたかみなだ!」と後ろの恋人に呼びかけ、彼女のほうは「やめなよー!」と男性を叱っていた。高橋は「ドン引き」して、「たかみなじゃありません」とその場を逃げ去ったという。

さらにタクシーに乗車して信号待ちをしていた際は、突然窓をドンドンたたかれ、「やっぱりー!」とカメラを連写されたそう。高橋は「世の中には常識のない人が沢山いるのよ そういう人に会うと自分気をつけよと思う まだ私は24だから少し慣れたけど若い子達が心配 それを切り抜けるすべをまだ知らないからね そっとしておいてあげてください」とファンに理解を求めた。

また高橋は「こんなに沢山書いたけどみんなの事じゃないから 本当に応援してくれてる人は相手の事を思うから私の事見つけても少し早歩きして私の前で頑張っての顔をしてガッツポーズして去っていったりいい人ばかりよ」とマナーのいいファンもいるとフォローしている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ