ここから本文です

今年12月29日~31日に東京ビッグサイトで行われる同人誌即売会「コミックマーケット89」(以下、コミケ89)で、テロ対策強化のため手荷物確認が実施されることがわかった。

サムネイル

日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)86」が15日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。写真は「コミックマーケット86」の開幕を待ち、早朝から長い列を作るファンら=2014年8月15日撮影
写真:毎日新聞デジタル


コミックマーケット準備会は12月15日に公式サイトに「コミックマーケット89における警備強化に関するお知らせ」と題した文章を掲出。同月4日に首相官邸で開かれた「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」にてテロ対策強化策が決定されたことにより、警視庁から全国の警察に対して、スポーツ競技場やイベント会場における管理者・主催者の自主警備強化の呼びかけが通達されたこと、「コミケ89」にも警察からの「非常に強い警備強化要請」があったことを明かした。そのため「コミケ89」では、一般参加者の手荷物確認を実施するとアナウンスしている。

先月起きたパリ同時多発テロでは、サッカーの試合中のスタジアムや、ライブ中のコンサートホールが標的となった。3日間で約60万人の動員を誇るコミケがテロの標的となる可能性をゼロだと言い切ることはできないだろう。

しかしそれだけの大規模イベントなだけに、手荷物確認によって起こる混乱も心配されている。ネット上では、

「仕方がない事だとは思うものの、スーーーーーゲーーーーー混乱招きそう...」
「あの大人数をどうやってさばくの。。。」
「コミケで荷物検査ってあの人数をやろうもんなら夜までかかっても入れないぞい。午前8時開場とか早めないと捌ききれない」

と危惧する声が上がっている。

ただコミケで手荷物確認が実施されたのは今回が初めてではない。2012年末に開催された「コミケ83」でも、黒子のバスケ脅迫事件の影響で手荷物確認が実施されたが、その際とくにネット上でも大きなトラブルは報告されなかった。今回の手荷物確認も問題なく実施できるのか。ネット上では、当日の混乱を避けるために、

「スムーズに検査できる様荷物の見直しやろう。参加者って、そういう事だよね」
「紛らわしいものや余計な荷物は極力控えて、混雑緩和に向けて一丸となっていただければと思います」
「なるだけ『余計』な荷物は持たずにスタイリッシュ参加がいいかもですね」

と参加者同士で呼びかけあう動きも起こっている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ