ここから本文です

芸能界には歴史好きを売りに"歴ドル"と呼ばれるアイドルもいるが、それとは一線を画すタレントで作家の堀口茉純は、江戸時代が好き過ぎるという"お江戸ル"。堀口が名乗る"お江戸ル"とは、"お江戸 + アイドル"なのかと思いきや、"お江戸 + する(do)"という意味があるのだそう。堀口はその言葉のままに、歴史に関するガイドツアーを行ったり、1年に1冊のペースで歴史に関する書籍を出版するなどの活動を行っている。そんなお江戸好きの堀口にとって歴史とはなんなのか......?

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 堀口茉純)


■初恋は沖田総司

「私は物心ついたときから時代劇が大好きで、小学校4年生のときに沖田総司に初恋をしました。司馬遼太郎先生の『燃えよ剣』っていう小説での、飄々(ひょうひょう)としている感じが格好良いなって。あと、私不憫(ふびん)萌(も)えなところがあって、沖田総司は幼い頃に両親を亡くして道場に預けられてしまうんです。その後も自分には剣と近藤勇と土方歳三って仲間だけって感じで、たまたま幕末時代に生まれたことで命を削って死んでしまうんです。でもいつも笑ってて......。その孤独な人生を応援したくなっちゃった部分もありますね。

そこから幕末時代に限らず日本史全体が好きになっていったので、周りの友達とはやっぱり話が合わないこともありました。今でこそ歴女なんていう言葉もできましたけど、当時はそういうのはなかったので友達に地道に布教活動をしていました(笑)。小学校でいきなり友達の袖をつかんで『新選組っていう面白い人たちがいるんだけど、一緒に史跡巡らない?』とか誘ってみたり(笑)。

今でも歴史好きで困ることはあります。例えば、男性で『この人すてきだな』と思った相手でも、歴史上の人物と比べてしまうんですよね。その人がちょっとくじけちゃったりすると、『あ、坂本龍馬ならくじけなかったな』とかついつい思っちゃったりして(笑)」

■歴史好きがタレント業のきっかけにも

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 堀口茉純)


「そんな感じで25歳のときに江戸文化歴史検定(江戸時代の文化や歴史に関する知識を問う検定)の1級を取りました。1級では現地の旅行ガイドも務まるくらいの知識が問われるので、結構ユニークな問題も出ます。『徳川15代将軍の中で、甘いものが好きで虫歯が30本あった将軍は誰ですか?』っていうのとか。将軍の名前とか順番を覚えてるのは当たり前なので、その中で彼らにどんな個性があって、どんな病気を持っていたのかっていう問題が出たりしますね。

私は歌舞伎の研究者を当時目指していたんですけど、たまたまスカウトされて、時代劇もやってみたいと思って役者を始めていました。でもこの検定に受かったのが最年少だったので、1級の最年少合格者っていうのをとっかかりにバラエティに出させてもらえるようになりました。最近ではアイドルとかグラビアの方で歴史好きを個性としている"歴ドル"という方もいらっしゃいますけど、私の場合はそういった方たちとは逆で、歴史がやりたくていつの間にかタレント業もするようになっていたという感じですね(笑)」

■人と歴史を繋(つな)ぐ媒介になりたい

「なので今の仕事は歴史に関するものばかりなんですけど、私生活ではまったく別のものにハマっています。実は私、幼少期から歴史だけじゃなくてアニメや漫画も大好きなんです。『機動戦士ガンダム』とか『マクロス』シリーズをはじめとしたロボットアニメと『ハイキュー!!』とか『黒子のバスケ』みたいなスポーツ漫画が好きですね。なので、今では和服を着ながらアニメグッズを持つっていうのが定番スタイルになっています。たまに秋葉原とかで収録があると、『やっぱりあそこ行かなきゃ! 素通りはできない!』と思って着物のままアニメイト行っちゃったりもします(笑)

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 堀口茉純)


江戸時代についての知識を生かして、週刊誌『ビックコミックスピリッツ』で連載されている、浮世絵師が主人公の歴史大河ロマン『天そぞろ』っていう漫画の監修とコラム連載もやらせてもらっています。週刊誌なのでスケジュールがすごく大変ではあるんですけど、歴史と漫画っていう大好きなふたつの分野に関われるお仕事なので楽しい気持ちのほうが大きいですね。今後も二次元の仕事でできることがあったらやっていきたいなと思っています。

歴史の仕事では、歴史に興味がない人たちや興味はあるけど知らない人たちと歴史を繋(つな)ぐ媒介のような役割の仕事をしたいです。やっぱり歴史って失敗者や成功者のサンプルという部分があるじゃないですか。だから、歴史の中には未来をよりよくするための方法がいっぱい隠れているんじゃないかなって思うんです。多くの人に歴史を知ってもらいたいし、私というフィルターを通して歴史を見たときに、歴史って面白いなっていうふうに思っていただけるような仕事をしていきたいと思います」

日本史に関する膨大な知識を持ち、そのうえで日本の歴史を一心に愛する堀口。そんな堀口ならば、いつかは日本中の人々に日本史の素晴らしさを教えてくれるかもしれない。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 堀口茉純)


◆堀口茉純(ほりぐち・ますみ)

1983年6月11日生まれ。愛称は"ほーりー"。大学卒業後にドラマ「八州廻り桑山十兵衛~捕物控ぶらり旅」で時代劇デビューを果たし、以後女優として舞台やテレビドラマで活躍。11年には初の書籍『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』を出版し、好評を得る。趣味はアニメ・漫画鑑賞、コスプレ。
座右の銘は「諦めたらそこで試合終了だよ」。

(取材・文/木村彩乃@HEW
(写真:トレンドニュース)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 堀口茉純が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

超新人俳優への北大路欣也の神対応 ぶるぺん(00:02:46)>>


徳川将軍の中で虫歯が30本あったのは? ぶるぺん(00:01:36)>>


アニメでドラえもんの身長が縮んだ理由 ぶるぺん(00:02:01)>>


その他の出演番組>>

・お江戸系アイドル「お江戸ル」とは?
・歴女が日常生活で困ることとは?
・江戸時代にたくさんあった意外なモノ
・江戸大好き歴女が歴史にハマったきっかけ

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ