ここから本文です

エビ中ことアイドルグループ・私立恵比寿中学の柏木ひなたが、自身の突発性難聴発症によるアルバム延期などを謝罪した。

サムネイル

柏木ひなた/Hinata Kashiwagi(私立恵比寿中学/Shiritsu-ebisuchugaku), Jul 25, 2015 : 映画「脳漿炸裂ガール」(アベユーイチ監督)初日舞台あいさつに登場した私立恵比寿中学の柏木ひなたさん=2015年7月25日撮影
写真:毎日新聞デジタル


私立恵比寿中学の公式サイトは12月17日、柏木が突発性難聴の診断を受けたため、19日に大阪で予定していた握手会を欠席すると発表。また来年2月10日に発売予定だったグループの3枚目のアルバム『穴空(アナーキー)』も発売延期すると伝えた。

柏木は同日、ブログを更新。「公式発表がありましたが左耳に違和感があり病院に行ったところ『突発性難聴』と診断されました。聴力が弱っているのでバランス感覚が鈍くなっていてめまいや吐き気などが起きてしまいます」とあらためて報告するとともに、「楽しみにしていたことが全て延期になってしまい本当に本当にごめんなさい」とファンに謝罪した。

万全の状態でステージに立つためしばらく治療に専念するとして、柏木は「ファミリーの皆さんには不安な思いをさせていますが柏木ひなたは元気です!!!歌うことが大好きなんです!必ず戻ります!それまで待っていてください!」と呼びかけている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ