ここから本文です

今年10月10日に実業家の男性と結婚した女優の釈由美子が、プライベートに関する発言をされることを嫌う夫とケンカになり、号泣してしまったことを告白した。

サムネイル

釈由美子/Yumiko Syaku, Nov 30, 2015 : 「結婚・婚活メディアカンファレンス」に登場した釈由美子さん=2015年11月30日撮影
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


釈は12月21日放送のフジテレビ系「Xmasスペシャル中居正広が結婚を考える夜。」に出演した。同番組は独身者であるSMAP・中居正広が女性ゲストたちと結婚にまつわるトークを繰り広げるというもの。新婚ほやほやの釈は、夫に叱られ「野々村(竜太郎)議員みたいな泣き方しちゃった」と告白した。

夫の怒りの理由は、結婚後すぐ釈が出席した囲み取材での発言にあった。釈は「主人は一般の人なので、テレビでプライベートの話するのをすごく嫌がるんですよ」と語る。囲み取材で釈は、タイミング的に結婚に関する発言を期待されているだろうと考えて、リップサービスも込めてプロポーズのシチュエーションなどを話したのだが、やはり後で夫のお叱りを受けてしまったのだという。

釈の夫は経営者という立場上、自身のイメージも気にしているらしい。釈は「だからブログとかも一切プライベートなことは書けなくなった」と嘆く。また夫は釈の不思議ちゃん的なキャラも好ましく思っていないようで、「不思議キャラ、イタいキャラやめて。妖精とか見えなかったことにしよう」と言われてしまったことを明かした。

今後は号泣しそうになった際は、ケンカしてぶつかりあうよりは、家出をしようと決めたという釈。ただ家出を実行した際の夫の反応は冷たいものだったらしく、「探してくれなかったんです。心配して電話くれるかなとおもったら、電話もくれなかった」とこぼした。

なお中居正広は、プライベートに関する発言を控えざるをえなくなった釈に対して、「仕事だからね。ずっとやってきたことだから」と同情的な見方を示していた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ