ここから本文です

ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(かわたに・えのん)とタレント・ベッキーの不倫が報じられて、同バンドの公式サイトにアクセスが集中し、サーバーダウンする事態となっている。

サムネイル

ゲスの極み乙女。/Gesunokiwamiotome, Jun 18, 2015 : =映画「ストレイヤーズクロニクル」(瀬々敬久監督)のジャパンプレミアで=2015年6月18日撮影 主題歌『ロマンスがありあまる』を歌うゲスの極み乙女。がサプライズライブ
写真:毎日新聞デジタル/アフロ


『週刊文春』1月14日号は、ベッキーと川谷の交際をスクープした。報道によると、川谷は昨年夏に一般女性と結婚したばかりだが、ベッキーとの再婚に向けて動いており、今年の正月には両親にベッキーを紹介したという。

ベッキーの初スキャンダル、さらにゲスの極み乙女。は昨年に紅白初出場を果たした乗りに乗っている人気バンドなだけに、この話題は世間の注目を浴びた。熱愛が報じられて以降、Yahoo!JAPANの急上昇ワードランキングでは「ベッキー」「川谷絵音」といった関連ワードが上位をキープし続けている。

またベッキーの公式ブログは、これまでコメントは50件もつかない場合がほとんどだったが、スキャンダル効果で最新記事には600件以上ものコメントが寄せられている。もちろんコメントの内容も、

「ベッキー辛いと思うけど頑張って応援してるよ」
「ビックリしましたが、ベッキーを嫌いになんてなれません。変わらず好きなままです」
「大丈夫ですか?どうかあまり自分を責めすぎないで下さいね」

のようにスキャンダルに関係したものばかりだ。

さらにアクセスが集中したためか、ゲスの極み乙女。の公式サイトは1月7日現在、サーバーダウンしてしまっている。

なおベッキーと川谷は双方とも不倫関係を否定しており、親しい友人同士だと主張している。真相は不明だが、ゲスの極み乙女。の公式サイトでもアピールされていた同バンドの最新アルバム(1月13日発売)のタイトルが『両成敗』というのも、今となっては皮肉な響きになってしまった......。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ