ここから本文です

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、不倫スキャンダルの渦中にあるタレント・ベッキーを擁護する芸能人がバッシングされていることについて、「腹立つ」とこぼした。しかし俳優の坂上忍は、宮迫の意見に異を唱えた。

サムネイル

宮迫博之/Hiroyuki Miyasako(雨上がり決死隊/Ameagarikessitai), Apr 03, 2015 : =2015年4月3日撮影 薬用シャンプー「スカルプD 」の新商品発表会
写真:MANTAN/アフロ


1月15日放送のフジテレビ系「バイキング」では、年始から大きな芸能ニュースが続く2016年の「ビックリしたニュース総ざらいSP」を行った。その中でロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(かわたに・えのん)とベッキーの不倫報道についても取り上げられた。

川谷が妻帯者であるだけに、「笑顔で仕事がんばっていただきたい」(宮根誠司)や「今回だけは許してあげてくんねぇ~かなぁ~」(カンニング竹山)などベッキーにエールを送ったり、擁護するようなコメントを出す芸能人に、ネット上では批判の声が寄せられている。

しかし宮迫は番組で、「芸能界のベッキー擁護派が否定されるけど、それは擁護するやろ。仲間内ですから、いい子だっていうのは知ってるんで」とキッパリ語った。「芸能界が擁護するのは当たり前でしょ。ベッキーが嫌な子やったら『悪いやつやな』と言えるけど、ええこだから。まぁ何をしてもいいわけではないけど......」と続けた。宮迫は「事実はわからないけど、がんばっていただきたい」とベッキーを応援し、「擁護する人がなんで批判されてんのかなと腹立ちます」とネット上のバッシングへの不快感を表明した。

しかし坂上は、「僕は宮迫さんと真逆」と宮迫に真っ向から反論する。芸能界に生きる人々はベッキーの"身内"だとして、「身内が擁護するのはいかがなものか。共演してたら彼女がどれだけいい子かわかってる。身内だからこそ早計に擁護するわけにはいかない」と冷静な考えを示した。また現段階ではベッキーと川谷ともに「友人関係」だと不倫を否定しているが、もし不倫が事実であった場合、「被害者は奥さん」だと指摘。「その人の気持ちを考えたら安易に擁護できない」と話した。

さらに坂上は川谷の行動を厳しく批判する。川谷は今年の元日にベッキーを実家に連れて行ったと報じられており、またベッキーもその事実は認めている。坂上は「かみさんいて、しかも元日に違う女を実家に連れてく!? 同じ同性として、男の子としてあるまじき(行動)。もっときつい言い方するなら、芸能人としてはド素人。いくらいい曲書いても、男の子として俺は許せない」とバッサリ切る。「ふたり並べたときにどっちリスクあるってなったら、どう考えても女の子だよ。しかもあれだけCMやってるんだよ」と売れっ子タレント相手に川谷の行動が軽率だったと非難した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ