ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。1月16日の放送では、歌手で女優の仁支川峰子(旧芸名・西川峰子)が登場しました。

★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場した有吉弘行さん=2013年3月21日撮影
写真:MANTAN/アフロ


■「何気なく撮る自分の写真がついついエロスにあふれてしまう」

歌手としては「あなたにあげる」でヒットを飛ばし、映画『吉原炎上』や『極道の妻たち』出演など女優としても活躍する仁支川は、妖艶な雰囲気を漂わせて番組に登場します。
そんな仁支川の反省は、「何気なく撮る自分の写真がついついエロスにあふれてしまうこと」。
自身のホームページ(HP)に載せる写真が、かなりエロスにあふれたモノになってしまうというのです。いったいどんな写真が載っているのかと、ホームページ(HP)を見てみると......。かわいい愛犬の写真を撮っているのに、その手前には彼女の半裸の肢体が。
わざわざ浴室に愛犬(4匹)を並べ、浴槽に入っている自身の姿も写しているのです。

■スタジオでは有吉らがタジタジとなるシーンも

ベテラン女優ということで、MCを務めるお笑い芸人の有吉弘行、見届け人で芸人の友近なども"大御所モード"で対応。
「隠しきれない色気ですね」(友近)など、持ち上げます。なんでこんな写真を撮るのかと聞かれると、毎年お世話になっている人にカレンダーを配っており、そんな人たちへの「サービス精神」なのだそうです。

トークでは、仁支川の趣味という「氷をなめる」話に展開。常に氷がないと水も飲めないそうで、冷やし中華も作ったものを冷凍庫で冷やして食べるのだそうです。有吉が「冷たい水は体に悪いそうですが」と言っても、「そんなの関係ないね」とピシャリ。
30年間風邪をひかないのは氷をなめているおかげという仁支川に、一同うなずくばかり。大御所対応モード全開でした。

また芸歴42年という仁支川が、「最近の芸能界は先輩にあいさつに来ることがなくなった」と嘆くと、実は今回、ひな壇に並ぶタレントのアレクサンダーだけがあいさつに来たことが判明。"芸能界のしきたり"にもっとも遠そうなアレクサンダーの意外な行動に、スタジオ中がびっくりします。ちなみに有吉、見届け人ともに誰も仁支川にあいさつに行ってないそうで、非常に気まずそうでした。

■禊(みそぎ)ではあの岩井志麻子スタイルに!

そんな仁支川への禊(みそぎ)は、"番組のセクシーシンボル"岩井志麻子スタイルに変身すること。あの全身ヒョウ柄、顔もヒョウメイクになって下半身をクネクネさせるやつですね。この模様も放送されます。仁支川がどんなクネクネを見せてくれるのか、乞うご期待です。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ