ここから本文です

女子向けコミックは胸キュンポイントをこれでもかと突きまくり、"壁ドン"や"腕ぐい"など、少女マンガ発信で流行語が作られるような現象もあるほど、恋愛のバイブルとなっている。
<女子コミ!>インタビューでは、毎日新しい少女マンガが読める月額制コミック配信サービス『女子コミ!』で連載されている作家さんに取材を実施。作品を通して常にドキドキを生む作家さんに、「女性が『胸キュン』するシチュエーション」「恋愛の現場で何が起こっているのか」「すぐに実践できる胸キュン行動・ワード」を聞いてみた。

連載第1回は、桃生有希(ものう ゆき)先生。テーマは「学園恋愛もの」について話してもらった。

■「オオカミくんに食べられちゃう!?」 作:桃生有希
ワンコのようにかわいい生徒くんがいきなりあたしに「オオカミ宣言」!!

サムネイル

1月13日より『女子コミ!』限定で連載開始 「オオカミくんに食べられちゃう!?」表紙
(c)桃生有希/講談社


「オオカミくんに食べられちゃう!?」1話無料>>

―― テーマは「学園恋愛もの」。あらすじを簡単に紹介してください。

体育教師のシホは、生徒のコタがかわいくてお気に入りだったけど、「ペットみたい」と言ったことからコタの態度が急変。ぐいぐいせまってくるオオカミ少年となったコタに、悶々(もんもん)としたりキュンキュンしたりする話です。

サムネイル
悪いけど 今日でペットはやめるから
(c)桃生有希/講談社


―― 恋愛を織り成す登場人物の魅力は? その男女の関係性など見どころは。

コタは普段かわいいのに、シホの前でだけ男らしくなるギャップが、持ち味だと思います。シホは生徒に慕われる面倒見がいいお姉さんだけど、コタには翻弄(ほんろう)されまくりな所がかわいいのではないでしょうか(笑)。そして今回初めて男子を下ネタキャラにしました。正直楽しかったです(笑)。コタのセクハラが見所です。

―― 読者を胸キュンさせるシチュエーションは、どういったものが盛り込まれていますか。

第2話の体育倉庫に隠れるシーンです。自分自身が匂いフェチというのもあるんですが、好きな人と密着したときに、いいにおい+ほんのり汗のにおいがすると、思わずバレないようにかいでしまいます(変態)。なので、そのシーンはコタとシホの距離感がとにかく近いです。たぶんシホも匂いフェチだとおもいますよ。

――作品中の「胸キュンポイント」を紹介してください!(ネタバレしない程度に)

サムネイル
本気でシホちゃんが好きだよ
(c)桃生有希/講談社


このマンガの要でもある、コタのオオカミ宣言......。そしてコタがシホにまっすぐな気持ちを伝えるシーンに、胸キュンしてもらえたらうれしいです。

サムネイル
教師と先生なのに仲良すぎだよね? つきあってるの?
(c)桃生有希/講談社


――男子が実践しやすい「胸キュン行動」「胸キュンワード」はありますか。(いくつかたくさん)

やっぱり女子はギャップに弱いと思います。今回のコタを例にすると、自分によくなついてくれているかわいい男子がせまってくる「わんこ攻め」とか、さわやかな顔して下ネタをぶっこんでくる「さわやか下ネタ男子」は、結構ギャップで胸キュンあるんじゃないかと......!(でもさわやか下ネタ男子は人と相手を選ぶので相当な上級テクニックだとおもいます。自信のある人以外は挑戦しないでください)

あと個人的には、女子越しに後ろから物をとってもらうシチュエーションや、寒い時に上着やマフラーを自然に貸してくれるような気の利く人に胸キュンします。些細なことでも、女子は気づいてほしいもの......。キュン=気づき+気遣いじゃないでしょうか(笑)

――最後に、読者に向けて伝えたいこと

今回、はじめての挑戦が多い連載となりました。少しでも笑っていただけたり、キュンキュンしていただけたなら幸いです。みなさんをたくさん「にまにま」させ、悶えさせることを目標にがんばります!

・『女子コミ!』限定作品「オオカミくんに食べられちゃう!?」1話無料(全8話)>>

・連載中の人気マンガが毎日読める! 月額300円のWEBマンガ雑誌『女子コミ!』サイト>>

 
■プロフィール
桃生有希(ものう ゆき)

サムネイル
「オオカミくんに食べられちゃう!?」作者 桃生 有希 自画イラスト


修学旅行の恋を描いた「修恋」(2010年)や、S風味な家庭科王子と恋も家事もダメな女子との不器用な恋を描く「教えて、くろがねくん」(2013年)などを発表。本作の「オオカミくんに食べられちゃう!?」は、講談社とYahoo!ブックストアのコミック配信サービス『女子コミ!』のみで読める、書き下ろし作品。1月13日から連載スタート。全8話(予定)。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ