ここから本文です

バラエティ番組『マツコ会議』(日本テレビ系)に出演した際、その胸の大きさでマツコ・デラックスをも驚愕(きょうがく)させた"Pカップタレント"の美味佳。規格外の大きさの胸は周囲からうらやましがられるのかと思いきや、本人からしてみれば常人では分からない苦労がいっぱいあるそうで......。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


■小学校3年生でFカップありました!

「物心ついたときにはひょうたん型の体形になってしまっていて、おっぱいは小学校3年生のときにFカップありました。当時は制服があわなかったり、近所に出る変質者につけられたり、クラスの男子から胸をネタに変なあだ名をつけられたり大変なことばかりでした。おっぱいは小学校のときから徐々に成長していって、高校生のときにはJカップのブラジャーでも入りきらないくらいの大きさになりました。走ればブラ紐(ひも)が切れたりワイヤーがとれたり。サイズもあっていなかったので血まみれになっちゃったりもしました。それでも日本にはJカップ以上のブラジャーが置いてなかったので自分はずっとJカップだと信じて使ってたんですけど、後々サイズを計ってもらったらPカップだって言われました(笑)。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


たまに『胸が大きくていいね』なんて言われることもあるんですけど、Pカップだと生活にも支障が出ることが多くて大変なんです。まず、仰向けで寝れません。仰向けになるとおっぱいが重くて圧迫されて息ができなくなっちゃうんですよね。それから足元が見えないので階段を下りるもの大変です。良かったことと言えば胸にものがおけることくらいですかね。洗濯を取り込むときなんかは、その都度しゃがまないで取り込んだものをどんどん自分の胸に乗せられますから(笑)」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


■巨乳はコンプレックスだった

「また、おっぱいが大きいことをコンプレックスに感じたことも多かったです。学生の頃なんかは『なんでこんなに大きくなっちゃったんだろう』って悩んでました。なので着物用の、おっぱいを潰(つぶ)すブラジャーをつけたり、胸が目立たない服を着たりしていましたね。痩せれば小さくなるかなと思ってダイエットも試したんですけど、あまりうまくいきませんでした。なんせ私は食べることが趣味で、食べているときがすごく楽しいんですよね。あればあるだけ食べちゃうたちで、周りもいっぱい食べさせてくれちゃうので結局結構食べてしまいます(笑)」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


■いやらしさを感じさせないおっぱい

「普段はつけ麺屋や居酒屋、カラオケ店でバイトをしています。その間にちょこちょこ舞台や声優のお仕事をさせてもらったり、新宿2丁目でゲイの方たちと一緒にショーをやらせてもらったりしています。その他、朝のラジオでニュース原稿を読ませてもらったりもしていますね。それから、この前友達とご飯に行っていたらそのお店で『マツコ会議』っていう番組の収録をしていて、ちょっと出演しちゃいました。その反響も結構あって、この前なんか家族連れに話しかけられて『一緒に写真いい?』って言われたり。私のおっぱいは大きすぎて逆にいやらしさを感じさせないみたいで、キャラクター感覚で子供にも見せられるみたいなんですよね。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


これは私の夢にもつながっていて、私はいずれ自分の存在が作品になればいいと思っているんです。例えば何かと同化してもいやらしくない存在になりたいというか。もともと男性からいやらしい目で見られるのもあんまり好きじゃなくて、下ネタも苦手なんです。下ネタを振られることも多いんですけど、そういうときはその場では笑いながら本気で『次に言ったら許さない』って言います(笑)。そんな感じなので、キャラクターやアトラクションみたいな感覚で接してもらえるとうれしいです。また、具体的にやりたいお仕事で言うと、やっぱりお芝居ですかね。いずれはドラマにも出てみたいと思っていて、そこで自分のこの体形を生かした役ができたらいいなと思います」

自分の体形を武器に生きていきたいと語る美味佳。苦悩をも笑い話に変えながら前向きに生きていく彼女ならば、みんなを笑顔にする"人気キャラクター"になる日も近いかも!?

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 美味佳さん)


◆美味佳(みみか)

1983年6月25日生まれ。石川県出身。女優・声優の仕事は星間美佳という別名義で行っており、愛称は"Pちゃん"。高校1年生のときにヴィジュアル系バンド・MALICE MIZER(マリスミゼル)のコスプレを始めたことをきっかけにコスプレに目覚める。最近は主にイラストレーターの津路参汰が生み出したキャラクター・すーぱーぽちゃ子のコスプレをしており、あまりのそっくりさから"リアルぽちゃ子"とも言われている。座右の銘は「カロリーは正義」。

(取材・文/木村彩乃@HEW
(写真:トレンドニュース)


トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 美味佳が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

胸囲140cmのPカップ声優が登場! ぶるぺん(00:02:34)>>


Pカップタレントが語る新たなる豊胸方法 ぶるぺん(00:03:09)>>


Pカップタレントが巨乳過ぎて生命の危機に ぶるぺん(00:01:15)>>


その他の出演番組>>

・Pカップタレントの日常での苦労とは?
・Pカップタレントは小3で◯カップだった
・Pカップ声優の現場でのニックネームは?
・Pカップで良かったことに生活感ありすぎ

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ