ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。1月30日の放送では、タレントの吉田真由子が登場しました。

★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Mar 21, 2013 : 4月スタートの新番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の会見に登場した有吉弘行さん=2013年3月21日撮影
写真:MANTAN/アフロ


■「開運!なんでも鑑定団」21年、「仕事やる気ない」ことを反省

「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)で長年アシスタントを務める吉田真由子。
俳優の石坂浩二が同番組で意図的に発言をカットされているのではないかと話題になっていますが、吉田の反省も「なんでも鑑定団」に関連すること。
番組アシスタントとして21年間。
すべての番組のなかで女性アシスタント歴最長記録保持している彼女ですが、「仕事にまったくやる気がないこと」を反省します。
本人いわく、「アルバイトの感覚で芸能界入って、そのまま来ちゃいました」とのことです。
この5年間の番組出演もたったの3番組と、「なんでも鑑定団」のみと言っていいほどの仕事ぶりでした。

■1カ月でたった8時間しか働いていない吉田に一同ア然

スタジオでは吉田の仕事ぶりが明らかにされます。
1ヵ月間の仕事は「鑑定団」の収録のみでわずか8時間。
MCでお笑い芸人の有吉弘行からは、「普通の人は1日8時間働きますよ」とダメだしされてしまいます。
そんな吉田の1日は、「起きてボーッとしてご飯食べてジム行って犬と遊んで......」。
まったく働く気のないようですが、仕事は好きだそうで、ただ「心と体がついていかない」のだそうです。
見届け人でお笑い芸人の友近から「どこに魅力感じてアシスタント続けられたんでしょうね」と聞かれると、本人も「本当ですよね」と笑ってごまかしていました。
まあそんなノリでアシスタント続けていたのでしょう。

■バカリズムから「締めのお茶漬けのような女」

友近が「年配の人をメロメロにしそう」と言えば、見届け人で精神科医の名越康文氏からは「さんざん遊んできた人が最後にたどり着くところ」と言われ、同じく見届け人のバカリズムからは「まるで締めのお茶漬けだね」と評されます。
トークでは「なんでも鑑定団」の話でもちきりでしたが、吉田も石坂同様、番組でしゃべってもほとんどオンエアされないそう。有吉に積極的にコメントしていくよう提案されて、「言ってるつもりなんですけど、オンエアではほとんどしゃべってない」と明かしていました。
3月で"卒業"が決まっていますが、後任はどうなるのでしょうか。

そんな吉田への禊(みそぎ)は、彼女が苦手そうなアゲアゲテンションを必要とする「パイパイでか美のライブに出演」。
吉田がどんなアゲアゲを見せてくれるのか。
この模様も放送されます。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ