ここから本文です

タレントの中川翔子が、多臓器不全のため昨年11月30日に93歳で亡くなった漫画家・水木しげるさんのお別れの会に参列したことを報告した。

サムネイル

中川翔子/Shoko Nakagawa, Oct 17, 2015 : 「反射材フェア2015~着けよう反射材!!防ごう夜間の交通事故~」イベントに登場した中川翔子さん
写真:MANTAN/アフロ


代表作『ゲゲゲの鬼太郎』を始めとした作品のファンで、アニメ『墓場鬼太郎』では寝子役の声優を担当した中川は2月1日にブログで、前日1月31日に東京・青山葬儀所で営まれたお別れの会に参列したことを報告。「ひとつの時代、昭和の神様のひとりです」と故人を称え、「父に教わった、ゲゲゲの鬼太郎や悪魔くん のんのんばぁ、沢山の素晴らしい作品たちに出会えた人生に感謝。水木先生の、睡眠は黄金の時間という言葉の重み」と業績を振り返った。中川は「作品を子孫まで語り継ぐ事はとても大切な事だと思います」とつづっている。

なお、お別れ会には中川の他、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で水木夫妻役を演じた松下奈緒と向井理、作家の京極夏彦さん、実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』で鬼太郎を演じたウエンツ瑛士ら多数著名人が参列した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ