ここから本文です

女子向けコミックは胸キュンポイントをこれでもかと突きまくり、"壁ドン"や"腕ぐい"など、少女マンガ発信で流行語が作られるような現象もあるほど、恋愛のバイブルとなっている。
<女子コミ!>インタビューでは、毎日新しい少女マンガが読める月額制コミック配信サービス『女子コミ!』で連載されている作家さんに取材を実施。作品を通して常にドキドキを生む作家さんに、「女性が『胸キュン』するシチュエーション」「すぐに実践できる胸キュン行動・ワード」を聞いてみた。

連載第2回目は、浜名杏先生。テーマは「ちょっと大人の恋愛」について話してもらった。

■「兄とあんこの恋みくじ」 作:浜名杏
アラサー女子と"兄"の胸キュン同居物語
合コンで出会った失礼な男と...兄妹はじめました

サムネイル

1月27日より『女子コミ!』限定で連載開始 「兄とあんこの恋みくじ」表紙
(C)浜名杏/講談社


「兄とあんこの恋みくじ」1話無料>>

―― テーマは「ちょっと大人の恋愛」。あらすじを簡単に紹介してください。

父親の再婚で、29歳にしていきなり"兄"ができてしまった安子(ヤスコ)。じつはその"兄"というのが、以前合コンで会ったことがある超失礼な男・貴匡(たかまさ)で、しかも"兄妹"二人きりで同居せざるをえない状況になってしまい...!? というお話です。

―― 恋愛を織り成す(であろう)登場人物の魅力は? その男女の関係性など見どころは。

貴匡は、一見無愛想だけれど実は優しくて純粋なところ、安子は、運が悪いながらもめげずに頑張るところが魅力なのではと思います。恋人たちの同棲(どうせい)ですらトラブルが起きるのに、赤の他人の二人がいきなり"兄妹"として同居するというのは結構な異常事態です。そんな状況での二人の気持ちの変化にご注目いただけたらと思います。特に安子は、貴匡への第一印象が最悪ですので......。

サムネイル
餅田安子(29)独身 彼氏なし
(C)浜名杏/講談社


―― 読者を胸キュンさせるシチュエーションは、どういったものが盛り込まれていますか。

人との間に壁を作りがちな貴匡ですが、"妹"である安子に対しては無防備な姿を見せるので、そのギャップが大きいと思います。あと、二人はひとつ屋根の下に暮らしているので、寝起きだったり、お風呂上がりだったり、いろんなシチュエーションの胸キュンなハプニングも起きる予定です!

――作品中の「胸キュンポイント」をたくさん紹介してください!(ネタバレしない程度に)

サムネイル
超失礼な男・貴匡(たかまさ)との出会いは、最悪......!?
(C)浜名杏/講談社


兄妹だからこその距離の近さと、兄妹だからこその越えられない壁の切なさを、ヤキモキしながら楽しんでいただけたらと思います。

サムネイル
"凶"から始まった恋の物語の結末は? この先どうなる......!?
(C)浜名杏/講談社


あと、貴匡は「スウェット男子」「エプロン男子」「多肉植物男子」などの「○○男子」属性が多いので、そこにもぜひご注目ください!

――実践しやすい「胸キュン行動」「胸キュンワード」はありますでしょうか。(いくつかたくさん)

無自覚なおちゃめ......でしょうか。いつもはビシッとしている人が、ふとしたときに素の表情を見せたり、ユーモアのある行動をしたりすると、つい気になってしまうものです。ただ狙いすぎは逆効果ですので、さじ加減が難しいかもしれませんが......。個人的には男性のパーカー姿や、腕まくりしているのも好きです。あと、第2話で安子のお父さんが頬づえをついているのですが、そのしぐさにもときめきます。

――最後に、読者に向けて伝えたいこと

貴匡も安子も、タイプは違えど人生に不器用な二人です。そんな二人がどう変わっていくのか、そして"凶"から始まった恋の物語の結末がどうなるのか、最後まで見守っていただけたらうれしいです。

『女子コミ!』限定作品「兄とあんこの恋みくじ」1話無料(全8話)>>

連載中の人気マンガが毎日読める! 月額300円のウェブマンガ雑誌『女子コミ!』サイト>>
 
■プロフィール
浜名杏(はまな あん)

サムネイル
「兄とあんこの恋みくじ」作者・浜名杏 自画イラスト


2013年から講談社発行の女性向け漫画雑誌『Kiss PLUS』にて「いといろとりどり」を連載開始し、後継誌である「初!」に挑戦する刺激的マンガ誌、『ハツキス』にて引き続き連載。(~2014年)。本作の「兄とあんこの恋みくじ」は、講談社とYahoo!ブックストアのコミック配信サービス『女子コミ!』にて、書き下ろしオリジナル作品として1月27日から掲載中。全8話(予定)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ