ここから本文です

お笑いタレント・狩野英孝と交際中のモデル・加藤紗里が、歌手・川本真琴が狩野と破局して泣いていたという報道に反論した。

サムネイル

狩野英孝/Eiko Kano, Mar 18, 2015 : 「NOTTVサービス発表会2015」=2015年3月18日撮影
写真:MANTAN/アフロ


狩野と加藤、川本の三角関係に注目が集まっているが、2月9日放送のテレビ朝日系「ロンドンハーツ」で狩野が「川本さんとは完全に終わっている」と明言。加藤との交際を認めた

しかし川本の親族による「今年1月25日の時点では、真琴は付き合っている認識だった」という証言も報じられており、泥沼の恋愛劇はまだしばらく決着しない様子。また2月11日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では、川本の父が取材に応じて、「去年11月ごろから(川本が)だんだんおかしくなってきて、家で泣いているから、どうしたんやって聞いたら、別れたと言った」とコメントした。

一連の報道から川本に同情し、加藤を批判する者も現れた。加藤は2月11日にブログで、寄せられたコメントの一部に返信。「川本真琴が実家で泣いてたって妹さんも親父さんもコメントしてたぞ。全部お前のせいだろうが!!!可哀想だろうが」という批判に対して、「あんまり言いたくないけど、実家で泣いてたっていうけど逆に支えてくれて見てくれる人が近くにいてよかったよ」と答えて、「この状況って紗里だけが自業自得だとは紗里は思わない」と自身の考えを示した。

また自身は上京してひとり暮らしの身だとして、「毎日誰も支えてくれない環境で1人で泣いてるよ~笑笑笑 え、みんなリアルに平気でいると思ってる?笑 毎日、おいロバとか言われんだよ笑」と炎上に孤独に向き合う立場についてつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ