ここから本文です

明石家さんまが、ギャグへのつれない態度から"ボケ殺し"として知られる黒柳徹子にダメ出しした。

サムネイル

黒柳徹子/Tetsuko Kuroyanagi, Apr 28, 2015 : 「徹子の部屋」放送1万回を喜ぶ黒柳徹子さん=2015年4月28日撮影
写真:MANTAN/アフロ


テレビ朝日系「徹子の部屋」が2月2日に40周年を迎えて、同月11日に記念特番「徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル」が放送された。徹子は、お笑い芸人にムチャぶりしたり、ゲストのボケにも真面目に返答するといったマイペースなトークで知られている。同番組でも、魚類学者でタレントのさかなクンが「ありがとうギョざいます」「そうでギョざいます」「ギョギョギョ~!」とギャグを連発するのを徹子が"完全スルー"するVTRが紹介された。

ゲストのさんまは大爆笑で、徹子は「これは悪い? いまだにそんなに悪いと思ってないんだけど。ああいうときは、いちいち『そうでギョざいますね』とか言ってあげたほうがいいの?」と質問する。さんまは「『何を言っているんですか』でも『つまらないわよ』でもいいんです。あんた全部スルーしてましたよね」と指摘した。

さんまから「『わーっ!』とか言いたげなはれや! 『お得意の!』とか。笑わなくていいですから。今自分でも冷たい女だなと思ったでしょ?」とツッコまれて、徹子も苦笑いで「あなたがそうおっしゃるから、そうかなと私も思った」と認める。さんまは「リアクションしたげなはれ」「あんなみじめなさかなクン、かわいそうすぎて......」とさかなクンに同情すると見せかけて、「こんな面白いものはない!」と続けて笑いを誘った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ