ここから本文です

第1子妊娠中の女優・釈由美子が、イベントでリポーターから"デキ婚"疑惑をぶつけられたと明かし、悲しみを示した。

サムネイル

釈由美子/Yumiko Syaku, Dec 16, 2015 : 海外ドラマ「ブラックリスト シーズン3」のジャパンプレミア
写真:MANTAN/アフロ


釈は昨年10月10日に一般男性と結婚。それから約3カ月たった今年1月15日、第1子妊娠を発表した。幸せいっぱいの釈だが、2月15日にブログを更新し、「普段は気にも留めないこともなぜか過剰に引っかかり、心がひりひりします」と同日出席したイベントでの出来事を明かした。

イベントで、釈がリポーターの「いま妊娠何ヶ月ですか?」という質問に「5ヶ月です」と答えたところ、「微妙な空気と失笑」が起こった。釈が戸惑っていると、また同じリポーターがニヤつきながら「あれ? いつ入籍されましたっけ?」とたずねてきた。釈の「10月です」という答えに、リポーターは「じゃあ、逆算して結婚した時には、もう妊娠はわかってたということですね?」とツッコんできた。釈は思わず「妊娠の週数の数え方、ご存知です?」と口にしかけたが、「入籍とあまりにも妊娠発覚が近いので、周囲からはでき婚って言われます~」と笑ってごまかすのが精一杯だったそうだ。

釈は「今回の妊娠の発表で"でき婚"と揶揄されるのは初めから覚悟していました 私たち夫婦も、授かったタイミングがあまりにも早くて拍子抜けした程ですから。笑」とつづる。「妊娠は発覚した時点で、0ヶ月ではなくもうすでに2ヶ月に入っているということを世の中の男性は知らない人が多いのかもしれません だから、『逆算すると合わないですね。』という心ない突っ込みをされてしまうのだと思います」とリポーターの誤解に一応の理解を示した。

釈は、自身はデキ婚を否定したいわけではなく「パートナーとの意思が同じベクトルを向いてさえいればそのタイミングなんて、結婚前だろうとおめでたいことには変わりない」という考え方であることを説明する。しかし「今日のように、直接的に皮肉めいて言われたことに悲しくなり どこかこの妊娠すらも、後ろめたく感じてしまいそうになりました...」と吐露した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ